英語の形容詞の順番とは?例文を用いて覚え方を解説

英語の形容詞を置く順番

big box「大きい箱」のように、

英語でbigのような形容詞が名詞を
修飾するということは知っていても、

複数の形容詞が名詞を修飾する時に
置く順番を知っている方は少ない
のではないでしょうか?

 

例えば、日本語の場合は
「大きくて白い箱」でも、

「白くて大きい箱」でも
自然に聞こえます。

 

しかし、英語の形容詞の場合は、
順番に気をつけないと不自然に
聞こえてしまうのです。

 

そこで、ここでは英語で複数の
形容詞が名詞を修飾する場合に、

形容詞を置く順番と覚え方について
例文を用いて解説します。

英語の形容詞の8つの順番

日本語の形容詞と同じで英語の
形容詞も名詞を修飾しますが、

英語は複数の形容詞を置く場合
置く順番にはルールがあります。

英語の形容詞を置く順番とは?

 

その順番は、以下の通りです。

1.主観(opinion)

2.大きさ(size)

3.古さ(age)

4.形(shape)

5.色(color)

6.出身(origin)

7.素材(material)

8.目的(purpose)

 

それでは、これらについて
どのような形容詞があるのか?
例を用いて1つずつみていきます。

 

主観(opinion)

英語で人の主観を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

kind「優しい」

friendly「親しい」

cool「かっこいい」

beautiful「美しい」

pretty「可愛いらしい」

delicious「美味しい」

difficult「難しい」

 

この主観を表す形容詞には、
以下のような動詞がもとに
なっているものも多いです。

tasty「美味しい」
(動詞はtaste「~の味がする」)

interesting「面白い」
(動詞はinterest「興味を持たせる」)

 

大きさ(size)

英語で大きさを表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

big「大きい」

small「小さい」

little「小さい」

tiny「すごく小さい」

tall「高い」

long「長い」

short「低い」「短い」

 

longやshortのように、
長さを表す形容詞も
この中に含まれます。

 

古さ(age)

英語で古さを表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

old「古い」

new「新しい」

young「若い」

antique「古風な」

ancient「すごく小さい」

 

人の年齢や物の年数を表す形容詞が、
この中に含まれます。

 

形(shape)

英語で形を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

flat「平らな」

oval「卵型の」

round「丸い」

sharp「鋭い」「とがった」

rectangular「長方形の」

 

物の形や輪郭、形状を表す形容詞が、
この中に含まれます。

 

色(color)

英語で色を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

red「赤い」

blue「青い」

green「緑の」

yellow「黄色い」

black「黒い」

white「白い」

 

単純な色以外に、色の明るさや
鮮やかさを表す以下の形容詞も
この中に含まれます。

pale「淡い」

dark「濃い」

vivid「鮮やかな」

 

出身(origin)

英語で出身を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

oriental「東洋の」「東洋人の」

Japanese「日本の」「日本人の」

Asian「アジアの」「アジア人の」

Spanish「スペインの」「スペイン人の」

European「ヨーロッパの」「ヨーロッパ人の」

 

出身地や地域、起源など、
人や物がどこからやってきたのか?
を表す形容詞がこの中に含まれます。

 

素材(material)

英語で素材を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

paper「紙の」

cotton「木綿の」

metallic「鉄製の」

wooden「木製の」

woolen「ウール素材の」

 

その物が何から作られているのか?
何でできているのか?を表す形容詞が
この中に含まれます。

 

目的(purpose)

英語で目的を表す形容詞には、
以下のようなものがあります。

walking「歩くための」

wedding「結婚式用の」

banking「貯金するための」

shopping「買い物をするための」

 

それが何のために使われるのか?
用途や目的を表す形容詞で、

分詞や不定詞(形容詞的用法)も
この中に含まれます。

 

形容詞を置く順番の覚え方

記憶には勉強して覚える知識記憶と、
実際に使ったり体験しながら覚える
経験記憶があります。

形容詞を置く順番の覚え方

 

そして、知識記憶より経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

そこで、実際に形容詞を使ってみることが
効果的な置く順番の覚え方になります。

 

以下のクイズに回答していくことで、
形容詞を置く順番が経験記憶として
インプットされていきます。

 

クイズ1「白くて大きい箱」

答え:big white box

英語は、大きさ→色の順番です。

 

クイズ2「若くて美しい女性」

答え:beautiful young woman

英語は、主観→古さの順番です。

 

クイズ3「すごく小さくて可愛いらしい新しいカバン」

答え:pretty tiny new bag

英語は、主観→大きさ→古さの順番です。

 

クイズ4「スペイン出身の背が高くて優しい男性」

答え:kind tall Spanish man

英語は、主観→大きさ→出身の順番です。

 

クイズ5「木製で丸い結婚式用のテーブル」

答え:round wooden wedding man

英語は、形→素材→目的の順番です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

これから英文を読んだり、聞いたり、
書いたり話したりして自分が使う時に、

順番を意識してみると経験記憶として
形容詞を置く順番が自然に身について
いくと思います。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


日常英会話と海外旅行で使う英会話を
2ヵ月でマスターするコツが分かる!

無料番組の詳細はこちら

イングリッシュブレイクスルー


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。