allとeveryの違い!英語で全ての使い方を例文を用いて解説

allとeveryの違い

英語で「全ての」という意味の
allとeveryは、表すニュアンスと
使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
allとeveryの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

allとeveryの違い

allは、全体をまとまりとして捉えて
「全ての」という意味になります。

そして、everyは全体を一つ一つ見て
個別の集まりとして捉えて「全体の」
という意味を表します。

 

例えば、all dayは1日を一つの
まとまりとして捉えるので「1日中」
という意味になります。

これに対し、every dayは1日1日を
個別の集まりとして捉えるので「毎日」
という意味になります。

all dayとevery dayの違い

 

all dayとevery dayと同じ使い方で、
以下のようなものがあります。

all week「1週間ずっと」
every week「毎週」

all month「1ヵ月ずっと」
every month「毎月」

all year「1年中」
every month「毎年」

 

また、everyは「every+単数形」
と後ろに必ず単数形がきますが、

allは「all+複数形」というように
後ろに複数形がくるが多いです。

 

allとeveryの発音は、
それぞれ以下になります。

・all

・every

 

それでは、以下に例文を用いて
allとeveryの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

allとeveryの使い方

以下はallを用いた例文ですが、

All the students will come here.
「全ての生徒が、ここへ来るだろう。」

allを用いると生徒全員がグループで
ここへ来るというニュアンスになります。

 

All the studentsの部分は、
元はall of the studentsで
ofが省略されています。

 

all of the studentsは、
特定の学校やクラスのの生徒達と
studentsが特定されるのでtheが付き、

その全てということでall of ~という
形になります。

 

以下のように、all studentsと言うと、

All students must study.
「全ての生徒は、勉強しなければならない。」

この世の中にいる全ての生徒達という
意味になるので注意しましょう。

 

そして、以下の例文のように、

Every student study will come here.
「全ての生徒が、ここへ来るだろう。」

everyを用いると生徒1人1人が来る
というニュアンスになります。

 

生徒全員が来るのは同じですが、

allを用いると生徒全体をまとまり
として捉えるニュアンスになり、

everyを用いると生徒1人1人に
フォーカスが当たる感じになります。

all studentsとevery studentの違い

 

また、allは時間の端から端まで
ずっとという感じも表します。

 

例えば、以下の例文のall the timeは、

He works hard all the time.
「彼は、常に一生懸命働きます。」

time「時間」の端から端までずっと
というニュアンスから「常に」という
意味になります。

 

そして、以下の例文のevery timeは、

Every time he comes here, he works hard.
「彼はここへ来る度に、一生懸命働きます。」

彼がここへ来るという時(time)
1回1回をみて、その度に一生懸命
働いているということを表します。

 

以下のように、each timeもevery time
と同じように用いることができます。

Each time he comes here, he works hard.

 

以下で、eachとeveryの違いと使い方
について例文を用いて解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、allとeveryの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を