英語が聞き取れない真の原因は?リスニングが上達しない理由

英語が聞き取れない理由

英語が聞き取れないという
日本人はたくさんいますが、

それは脳の特性に沿っていない
方法でリスニングの練習をして
いるから
です。

 

そして、間違った方法で
練習をして上達しないと、

それが原因となりリスニング
が上達しない、もっと根深い
真の原因を引き起こします。

 

脳の特性はみんな同じなので、

それに沿って練習をすることで
誰でも英語のリスニングを上達
させることは可能です。

 

僕は英語が聞き取れない理由を理解し、
脳の特性に沿った勉強法を知ることで、

短い時間の練習で英語のリスニングを
上達させることができています

 

そこで、英語が聞き取れない理由や、
英語のリスニングが上達する効果的な
練習方法
ご紹介します。

英語が聞き取れない理由

日本人が英語のリスニングを
スムーズに上達させるには、

英語を聞き取れない日本人が
なぜたくさんいるのか?

その理由を知っておくことも
大切です。

 

ここでは、まずは英語が聞き取れない
日本人がたくさんいる6つの理由から
説明するので把握しておきましょう。

英語が聞き取れない理由

 

日本語と英語の形の違い

以下の例文のように

「私は、そこへ行きました。」

日本語は主語が最初で
動詞が最後にきますが、

 

以下の例文のように、

I went there.

英語の形は主語の次に
動詞がきます。

 

このように、日本語と英語は
文の形が全く異なります。

 

そして、日本語は文末に結論がくるので、
日本人は文の最後を集中して聞く習慣を
無意識に持っています

しかし、英語の結論は動詞のすぐ後ろで、
日本語を聞いている感覚で英語を聞くと
結論を聞き逃してしまいます。

 

I went there.くらいの短い文章なら
文の形の違いも気になりませんが、

以下のように長文になればなるほど、
日本語との形の違いから結論を聞き逃し
英語が聞き取りにくくなっていきます。

I went there with my friends yesterday.
「私は、そこへ行きました。」

I went there with my friends after I finished my work.
「私は仕事を終えた後、友達とそこへ行きました。」

 

これが、英語が聞き取れない
日本人が多い理由の1つで、

リスニングを上達上させるためには、
結論がある文頭を集中して聞き取る
練習をすることがコツ
になります。

 

周波数とスピードの違い

日本人が英語を聞き取れない2つ目の
理由
は、周波数とスピードの違いです。

 

まず、英語の話されるスピードが
日本語より速いことは明らかです。

なので、英語のリスニングを上達
させるためには英語のスピードに
慣れる練習をする必要があります。

 

また、スピードの違いに加えて、
周波数の違いも多くの日本人が
英語が聞き取れない理由です。

 

日本語の周波数帯は低くて狭く
英語の周波数帯は高くて広い上に
周波数が交わっていないので、

日本人が英語を聞き取るには
英語の周波数帯の音を聞き取れる
ようにすることが必要です。

 

そして、それにはたくさん英語を
聞く練習をすることが大切ですが、

やみくもに英語をたくさん聞いても
聞き取れるようにはなりません。

 

英語のまま理解できない

聞いた英語を日本語に訳さず
英語のまま理解することを推奨
している方がたまにいますが、

10年などの長い間、海外で生活したり、
日本でも外資系企業に勤めていたりして

毎日英語に長時間触れられる英語環境で
英語を習得した方がほとんどです。

 

海外に住んでいたりして
自然に英語に触れられるならまだしも、

外資系企業に勤めたりしていないのに
日本に住みながら英語環境を作るのは
よほど意志が強くないと挫折します。

 

日本語環境で大人になると、
英語ネイティブやバイリンガルのように
英語のまま理解することができないので、

脳内で英語から日本語に訳して理解する
というプロセスが最初は必要になります。

 

日本語にたくさん触れる日本語環境で、
限られた時間しか英語に触れない中で
英語のリスニングを上達させたい場合、

英文法の基礎を学ぶ必要があったり、
英語環境で習得した人達とは全く違う
アプローチが必要になります

 

リスニングが上達しない理由

ここでは、色々なやり方で練習しても
リスニングが上達しない方が多い理由と、

英語のリスニングが上達しない真の原因
についてご説明します。

リスニングが上達しない理由

 

脳の特性に沿っていない練習法

なかなか英語のリスニングが上達
しないという相談をよく受けますが、

英語が聞き取れない大人が多いのは、
脳の特性に沿っていない間違った方法で
練習していることも大きな原因です。

 

このことを理解していただくために、
子供と大人の脳の違いから解説します。

 

右脳しか動いていない3才位までは、
聞き流していれば英語を聞き取れる
ようになります。

ただ、左脳が発達し始める4才位から
聞き流すだけでは言葉を覚えることが
難しくなっていきます。

 

そして、4才位から左脳が発達しきる
12才位までは言葉を丸覚えして理解
できるようになります。

これより、聞いているだけで英語の
リスニング力が向上するのは小学生位
までということになります。

 

最後に、13才位で左脳が発達しきると、
丸覚えもできなくなり、物事を論理的に
理解して覚えるようになります。

よって、大人は英語を聞いているだけで
リスニング力が向上することはないです。

 

日本には、聞き流しや聞いているだけで
英語のリスニング力やスピーキング力が
向上するという教材があります。

しかし、大人に効果的ではありません。

 

聞き流しで言語を覚えられるのは
3才位までで、聞いているだけで
覚えられるのは12才位までです。

 

最近では脳科学の研究が進み、
大人は聞き流しで英語のリスニング
力が向上しないと分かっていますが、

僕が英会話の練習を始めた頃は
聞き流しで英語は話せるようになる
といった宣伝をよく見かけました。

 

そして、その宣伝を信じて実際に
聞き流しを約1年していましたが、
全く上達しませんでした…。

 

英語のリスニング力を向上させるために、
正しい方法で練習することが大事ですが、

日本には大人の脳の特性に沿っていない
上達しない間違ったやり方も多いです。

 

左脳が発達しきる13才(中学生)
くらいからは物の覚え方が変わり、

スムーズに英語のリスニング力を
向上させるには工夫が必要です。

 

大人の脳は論理的に物事を理解するので、

まず英文の内容(日本語の意味)を理解し
その英文を集中して聴くという練習をする
ことが必要になります。

 

僕は、教材の宣伝を信じて色々なやり方
を実践してきましたが、そのほとんどは
リスニング力が向上しないものでした…。

なので、そのような上達しないやり方を
やらないように注意する必要があります。

 

そこで、以下では、僕の失敗体験と
脳科学の観点からリスニングが上達
しない練習法について解説します。

 

中学生から社会人までに効果的な
練習方法はあとで解説しますが、

まずは中学生以上が聞き流しても
リスニングが上達しない理由と、

練習を始めてから上達を感じるまでの
期間について以下をお読みください。

 

リスニングが上達しない真の原因

ここまでに、英語が聞き取れない原因、
リスニングが上達しない理由
について
お伝えしてきました。

 

しかし、英語のリスニングが上達しない
真の原因があります。

 

英語が聞き取れない原因を解消せず、
脳の特性に沿っていない練習を続けて
英語のリスニングが上達しないと、

自信を失い自分は英語が聞き取れない
という苦手意識が強くなっていきます。

 

そして、英語のリスニングに対して
マイナスのイメージが強い状態だと、

そのマイナスイメージが原因となり、
さらにリスニングが上達しないという
負のスパイラルに陥ります。

 

それは、人間の脳はイメージしたことを
実現させるようにできているからです。

 

意識には、顕在意識(けんざいいしき)と
潜在意識(せんざいいしき)がありますが、

顕在意識は普段、使っている意識のことで、
潜在意識は無意識(むいしき)のことです。

 

そして、潜在意識は顕在意識より
はるかに大きな力を持っています。

 

例えば、僕達の心臓は無意識
によって動かされていますが、

意識で心臓を止めようとしても
止まりません。

 

このくらい無意識のほうが力が強いので、
何でも無意識に思っていたり、無意識に
イメージしていることが実現するのです。

 

英語のリスニングでも同じことが起こり、

潜在意識にマイナスイメージが蓄積されて
無意識の中で聞き取れないと思っていると、

意識してリスニングの練習を頑張っても
無意識が英語が聞き取れないという現実を
作り出してしまいます。

 

僕は英語への苦手意識が強いまま
英会話スクールに2年間通っても、
あまり上達しませんでした。

英語への苦手意識が強い方は、
それを解消するプログラムがない
スクールではほぼ上達しません。

 

これと同じで、リスニングに関しても、
マイナスイメージを強く持っている場合、

そのマイナスイメージを持ったまま練習
しても努力している割に上達しないので、

自分は英語が聞き取れるようになるなど、
プラスのイメージを持って正しい方法で
練習する必要があります。

 

なので、リスニングの練習をする時は、
マイナスイメージが出ていないか常に
チェックするようにしましょう。

 

そして、マイナスイメージが出たら、

目を閉じて深呼吸をして聞いた英語が
聞き取れてわかるようになった自分を
イメージをするだけでOKです。

 

その上で、正しい方法で練習すると、
上達を感じるのでリスニングに対して
プラスのイメージが持てるようになり、

プラスのイメージを持って練習することで
さらにリスニングが上達するというように
どんどん上達が加速していきます。

 

ここで言う正しい方法とは、
英語のリスニングが上達する
脳の特性沿った練習法です。

 

効果的な英語のリスニング上達法

以下では、リスニング上達のコツや
効果的な練習法を紹介しているので
参考にしてください。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。