copy・mimic・imitate・emulateの違い!英語で真似るの使い方

copy・mimic・imitate・emulateの違い

英語で「真似る」を表す時、
copy・mimic・imitate・emulate
が用いられますが、表す意味は
それぞれ少しずつ違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
copy・mimic・imitate・emulateの違い
と使い方を例文を用いて解説します。

copyの意味

copyは、そっくり「真似る」
という意味になります。

copyの例文と使い方

 

日本語でコピーすると言うと、
元となる製品や原稿と全く同じ
ものが複製されますが、

copyは製品や原稿だけでなく
話し方や振る舞いなどをそっくり
真似する時にも用いられます。

 

copyの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
copyの使い方を解説します。

 

copyの例文と使い方

以下はcopyを用いた例文ですが、

She likes to copy her favorite singer’s clothes.
「彼女は、お気に入りの歌手の
服装を真似するのが好きです。」 

彼女がお気に入りの歌手の服装を
そっくり真似ることを表します。

 

以下のcopyを用いた例文は、

The company copied the business model of my company.
「その会社は、我が社のビジネスモデルを真似た。」

その会社と我が社のビジネスモデルが
異なる部分がないほど全く同じである
ということを表します。

 

mimicの意味

mimicは「~によく似る」と、
からかって「真似る」という
意味があります。

mimicは、「物まねをする」や
「口まねをする」という意味も
持っています。

mimicの例文と使い方

 

mimicの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
mimicの使い方を解説します。

 

mimicの例文と使い方

以下はmimicを用いた例文ですが、

He is good at mimicking animal sounds.
「彼は、動物の声を真似るのが得意です。」

彼が動物の声を真似ると
よく似ているということを
表しています。

 

以下のmimicを用いた例文は、

The students mimic their teacher in the class.
「生徒達は、授業中に先生の真似をする。」

授業中に生徒達が先生の真似をする
ということを表します。

 

この例文のmimicは、
からかって先生の真似をするという
ニュアンスにもなります。

 

imitateの意味

imitateは、完全でないまでも
上手に「真似る」という意味です。

上手に真似るという意味から、
「同じように見えるようにする」
「似せる」という意味もあります。

 

また、imitateはからかって
「人の物まねをする」という意味で
用いられることもあります。

 

imitateの発音は、以下になります。

 

copyとimitateの違い

imitateが上手に真似るのに対し、
copyは細部まで同じように真似る
という意味になります。

 

mimicとimitateの違い

mimicとimitateは、
からかって「真似る」と
同じ意味を持っています。

imitateの例文と使い方

 

mimicは「~によく似る」、
imitateは「真似る」という
意味も持っていますが、

mimicとimitateはネイティブでも
使い分けが曖昧のようです。

 

それでは、以下に例文を用いて
imitateの使い方を解説します。

 

imitateの例文と使い方

以下はimitateを用いた例文ですが、

I imitate his boss.
「私は、上司の真似をします。」

上司の服装や振る舞いなどが
できるだけ同じようになるように
真似ることを表します。

 

以下のimitateを用いた例文は、

He imitated me.
「彼は、からかって私の真似をした。」

彼が私の真似をしてからかった
ことを表します。

 

以下の例文のようにmimicは、
「物まね師」という意味でも
用いられます。

My uncle is a mimic.
「私のおじさんは、物まね師です。」

 

emulateの意味

emulateは、誰かを手本にして
「真似る」という意味です。

よって、emulateには「見習う」
という意味もあります。

 

emulateの発音は、以下になります。

 

imitateとemulateの違い

imitateが同じようになるように
単に人や方法を真似るのに対し、

emulateは真似る対象に対して
憧れや尊敬の念がある場合に
用いられます。

emulateの例文と使い方

 

emulateは完全に同じように
なるように真似るのではなく、
同じような成功や成果を出すために
模倣するという感じになります。

それでは、以下に例文を用いて
emulateの使い方を解説します。

 

emulateの例文と使い方

以下はemulateを用いた例文ですが、

I will emulate him to succeed in business.
「私は、ビジネスで成功するために
彼を手本するつもりです。」

彼と同じような成功を手にするために
彼のビジネスのやり方を真似るという
ことを表します。

 

以下のemulateを用いた例文は、

Many Japanese companies emulate
American companies in marketing.
「多くの日本の会社は、
マーケティングにおいて
アメリカの会社を手本にしている。」

同じような業績を出すために、
日本の会社がアメリカの会社の
マーケティングの手法を見習っている
ということを表しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

copy・mimic・imitate・emulateの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ