1. TOP
  2. 英会話の練習法
  3. 英単語
  4. hire・employ・recruit・engageの意味の違いと使い方

hire・employ・recruit・engageの意味の違いと使い方

 2019/02/15 英単語
この記事は約 4 分で読めます。 151 Views
hire・employ・recruit・engageの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
hire・employ・recruit・engageの
意味の違いと使い方を解説します。

hireとemployの違い

hireとemployには両方とも
「雇う」という意味がありますが、

hireは一時的に雇用するという意味で
employは正社員としてなど正式に
雇用するという意味があります。

 

hireの例文

以下はhireを用いた例文ですが、

I hired him.
「私は、彼を(一時的に)雇いました。」

アルバイトなどとして一時的に
彼を雇ったということを表します。

 

employの例文

これに対し、
以下はemployを用いた例文ですが、

I employed him.
「私は、彼を(正式に)雇いました。」

正社員などとして正式に彼を
雇ったということを表します。

 

また、employの目的語は
基本的に人になりますが、
hireの目的語は以下の例文のように
乗り物の場合もあります。

Let’s hire a bus for the trip.
「その旅行のためにバスを貸し切りましょう。」

 

この英文は、旅行のために
バスを貸し切るという意味の裏に
バスの運転手を一時的に雇うという
意味も含まれます。

 

hireとemployの使い分け

hireは雇用契約を結ぶ感じになり、
employは働かせる感じになります。

例えば、雇用者が女性を一時的に雇い、
その後正式に雇った場合は以下のような
英文になります。

The employer hired the woman as a part time worker. 
「その雇用者は、その女性をアルバイトとして雇った。」

One year late, he employed her as a full time staff.
「1年後、彼は彼女を正社員として雇用しました。」

 

細かい使い分けが難しい場合は、
正規雇用の時はemployを用い、
それ以外の時はhireを用いれば
だいたい大丈夫です。

 

recruitとhire・employの違い

recruitは新入社員を採用する場合や
新入会員を募集する場合に用います。

hireやemployとrecruitの違いは、
recruitは新入社員を雇う場合に
用いられる点です。

 

以下はrecruitを用いる例文です。

Our company started to recruit a new employee.
「我が社は、新しい従業員を採用し始めました。」

 

engageとhire・employの違い

engageは人を雇う場合と
乗り物を雇う場合の両方に
用いることができますが、

契約して”拘束“するという
ニュアンスが含まれます。

 

よって、engageの「雇う」は
hireとemployより強い意味で、

以下のようにengageを用いると、

We engaged a taxi.
「私達は、タクシーを手配した。」

自分のためだけに運転してもらう
タクシーの運転手を雇ったという
感じになります。

 

このようなケースは稀で、

一般的にタクシーを手配する時は
一時的なので以下の例文のように
hireを用います。

We hired a taxi.
「私達は、タクシーを手配した。」

 

また、以下の例文のように、
engageの後ろにas ~「~として」や
to ~「~すること」が付くこともあります。

We engaged him as a guide.
「私達は、彼をガイドとして雇った。」

We engaged him to sell our products.
「私達は、彼を営業(我社の製品を売ること)で雇った。」

 

take on・lay on

take onとlay onにも「雇う」
という意味があります。

He is worth taking on.
「彼は雇う価値があります。」

be worth ~ingは、
「~する価値がある」という意味です。

 

まとめ

ここでは、hire・employ・recruit・
engageの意味の違いを解説しましたが、

脳は関連した情報をセットで覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語を一緒に覚えると
効率よく記憶できるのでお勧めです。

think・suppose・guess・wonder
の意味の違いと使い方

\ SNSでシェアしよう! /

英語と英会話上達法の注目記事を受け取ろう

hire・employ・recruit・engageの違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語と英会話上達法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • private・personal・individualの違いを例文を用いて解説

  • way・road・streetの違いと使い方を例文を用いて解説

  • fire・dismiss・lay off・dischargeの意味の違いと使い方

  • result・outcome・consequenceの違いを例文を用いて解説

  • before・former・previousの意味の違いを例文を用いて解説

  • want・hope・wishの意味の違いと使い方を例文を用いて解説