habit・custom・routine・practiceの違い!英語で習慣の使い分け

habit・custom・routine・practiceの違い

英語で「習慣」という意味を持つ
habit・custom・routine・practiceは、
それぞれニュアンスが違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
habit・custom・routine・practice
の違いと使い方について例文を用いて
詳しく解説します。

habit・custom・routine・practiceの違い

habit・custom・routine・practiceは
全て習慣という意味を持っていますが、
ここでは違いについて解説します。

 

まず、habitとcustomの違いですが、
habitは個人の「習慣」や「癖」を表し、
customは社会的な「習慣」を表します

 

habitは個人の”無意識”の習慣を表し、

customは社会的な習慣に加えて
個人の”意識的”な習慣も表しますが、

customは社会的な習慣の意味が強く、
個人が意識して行う習慣を表す場合

日課を表す時にはroutineが用いられ、
規則正しく行われる習慣については
practiceが用いられることが多いです。

 

routineは日々決まって行う動作、
日課という意味での「習慣」を表し

practiceは意識的に規則正しく行われる
個人的と社会的な「習慣」を表します

また、practiceにはビジネス上の習慣、
商習慣という意味もあります。

 

それでは、以下に例文を用いて
habit・custom・routine・practiceの
使い方について詳しく解説します。

 

habitの例文と使い方

まず、以下では例文を用いて
habitの使い方を解説します。

habitの例文と使い方

 

habitは、”個人の”「習慣」や
「癖」という意味になります。

 

例えば、遅刻する癖がある
という時には個人的な習慣なので、
以下のようにhabitを用います。

He has a habit of being late.
「彼は、遅刻する癖を持っている。」
→「彼は、遅刻する癖がある。」

 

have a habit of+動名詞という形で、
「~する習慣(癖)がある」と
覚えておくと使いやすいと思います。

She has a habit of biting her nails.
「彼女は、爪を噛む癖がある。」

 

他には、個人的な習慣を表すので、
以下のような場合もhabitが用いられます。

He has a bad habit.
「彼は、悪い習慣を持っている。」
→「彼には悪い習慣がある。」

 

habitは「遅刻する」や「爪を噛む」など、
無意識に行う個人の習慣を表します。

habitの発音は、以下になります。

 

customの例文と使い方

habitが個人の「習慣」を表すのに対し、
customは社会的な「習慣」を表します。

ここではhabitとcustomの違いも含めて、
customの使い方を解説します。

 

以下はcustomを用いた例文ですが、

It’s a custom for women to give chocolates
to men on Valentine’s day.
「バレンタインデイに女性が男性に
チョコをあげるのは、習慣です。」

 

バレンタインデイに女性が
男性にチョコをあげることが
社会的な習慣になっているので
customを用います。

customの例文と使い方

 

また、以下の例文のようにcustomは
個人の意識的な習慣にも用いられます。

It’s my custom to take a bath every morning.
「毎朝お風呂に入ることは、私の習慣です。」

 

habitが無意識に行う
個人の習慣を表すのに対し、

customは意識的に行う
個人の習慣を表します。

 

customの発音は、以下になります。

 

ただ、customは社会的に定着している
習慣を表すことが多いです。

意識して規則正しく行われる習慣には、
以下のroutineやpracticeが用いられます。

 

routineの例文と使い方

routineは日々決まって行う動作を表し、
「日課」や「習慣」という意味です。

ここではcustomとroutineの違いも含め、
routineの使い方を解説します。

 

以下はroutineを用いた例文ですが、

Doing Yoga in the morning is my routine.
「朝ヨガをすることは、私の日課です。」

 

朝ヨガをすることが毎日決まって
行う習慣であることを表します。

routineの例文と使い方

 

そして、以下のcustomを用いた例文は、

It’s my custom to take a bath every morning.
「毎朝お風呂に入ることは、私の習慣です。」

 

以下のようにroutineを用いることもできます。

It’s my routine to take a bath every morning.

 

ただ、customは朝お風呂に入ることが
毎日の習慣ということだけを表しますが、

routineを用いると順番が決まっていて
1日の生活の中で朝お風呂に入ることが
日課になっていることを表します。

 

他には、良い成績を残すために
決まったルーティーンを持っている
スポーツ選手が多いと言う場合には、

以下のように言うこともできます。

Many athletes have their own routine.
「多くの選手は、自分のルーティーンを持っている。」

 

野球のイチロー選手が、
試合の日は朝から行うことの順番や
食べるものが決められたルーティーンで
生活していたことは有名な話ですよね^^

 

routineの発音は、以下になります。

 

practiceの例文と使い方

habitは無意識に行う習慣を表しますが、
practiceは意識的に規則正しく行われる
「習慣」を表します。

また、habitが個人の習慣を表すのに対し、
practiceは個人的と社会的な習慣を表します。

 

よって、毎朝お風呂に入ることは意識して
規則正しく行われる個人の習慣を表すので、
以下のようにpracticeを用います。

It’s my practice to take a bath every morning.
「毎朝お風呂に入ることは、私の習慣です。」

practiceの例文と使い方

 

お風呂に入ることを無意識に行わないので
以下のようにhabitを用いるのは不自然ですが、

×It’s my habit to take a bath every morning.

 

customは個人の意識的な習慣に用いるので、
以下のようにcustomを用いることはできます。

It’s my custom to take a bath every morning.
「毎朝お風呂に入ることは、私の習慣です。」

 

ただ、一般的にcustomは社会的に
定着している習慣を表すことが多く、
意識して規則正しく行われる習慣には
routineやpracticeが用いられます。

 

そして、朝お風呂に入ることが日課の場合は、
以下のようにroutineを用いることができます。

It’s my routine to take a bath every morning.
「毎朝お風呂に入ることは、私の習慣です。」

 

その他、practiceはフォーマルな表現で
ビジネスシーンで用いられることもあり、
その場合は商習慣という意味になります。

以下は、例文です。

The company started a new practice to increase the sales.
「その会社は、売上げを伸ばすために新しい習慣を始めた。」

 

practiceの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

habit・custom・routine・practiceの
意味の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート