result・effect・outcome・consequenceの違い!結果を英語で

result・effect・outcome・consequenceの違い

英語で「結果」を表すresult・
effect・outcome・consequenceは、
以下のような意味の違いがあります。

result

物事の最終的な「結果」

effect

原因から直接引き起こされる「結果」

outcome

予測できない物事の最終的な「結果」

consequence

行動や状況から必然的に起こる
どちらかというと良くない「結果」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
result・outcome・consequence・
effectの意味の違いと使い方について
例文を用いて解説します。

resultとeffectの違い

似た意味を持つresult・effect・
outcome・consequenceのうち、
まずはresultとeffectの違いから
解説しています。

 

resultは、ある原因にから生じた
最終的な「結果」を表します。

effectは、ある原因によって直接的に
引き起こされる「結果」を表します。

 

resultは“間接的な原因も含む
最終的な結果”も表しますが、

effectはあくまで“直接的な原因から
生じる結果”で最終的な結果という
わけではありません。

 

また、resultは数値としてはっきり
結果が出る実験、試験、試合の結果
を表す時によく用いられます。

resultとoutcomeの違い

 

resultとeffectの発音は、
それぞれ以下になります。

・result

・effect

 

それでは、以下に例文を用いて
resultとeffectの違いと使い方を
詳しくみていきます。

 

resultの例文と使い方

以下はresultの例文ですが、

It’s the result of his efforts for him to pass the exam.
「彼がその試験に合格したのは、彼の努力の結果だ。」

勉強したという原因(努力)があって
合格という結果が出たことを表します。

 

このように、resultはある原因から
生じる最終的な結果を表します。

そして、resultは試験のように
数値として明確な結果が出る場合に
よく用いられます。

 

また、以下のresultを用いた例文は、

The train was delayed as the result of traffic jam. 
「その電車は、渋滞の結果として遅れた。」

渋滞という原因がありその結果として
電車が遅れたということを表します。

resultの例文と使い方

 

as the result of ~ は「~の結果として」
という意味でよく用いられる表現なので、
熟語として覚えておくとよいと思います。

resultは「結果」という意味で、
直接的な結果から間接的な結果まで
幅広く用いられます。

 

effectの例文と使い方

以下はeffectの例文ですが、

 His behavior caused the effect.
「彼の態度が、その結果を引き起こした。」

彼の態度が直接的な原因となり
その結果が起きたことを表します。

 

上の例文のようにeffectが結果という
意味で用いられることもありますが、

最終的な結果の場合は以下のように
resultが用いられることが多いです。

 His behavior caused the result.
「彼の態度が、その結果を引き起こした。」

 

また、effectのほうがresultより
原因と結果の間に強い結びつき
があることを表します。

 

よって、「原因と結果」は、
cause and effectと言います。

cause and resultとは言わないので、
注意しましょう。

 

そして、effectは「結果」より
「影響」や「効果」という意味で
用いられることのほうが多いです。

effectの例文と使い方

 

以下のeffectを用いた例文は、

We know about the positive effects of exercise.
「私達は、運動の体への良い影響を知っている。」

運動すると直接的な結果として
体に良い影響が出るということを
表しています。

 

この場合、良い影響は複数あるので
effectはeffectsと複数形になります。

 

「影響」と似た意味を持つeffect・
influence・impact・impressの違い
について、以下で解説しています。

 

resultとoutcomeの違い

resultはある原因から生じた結果と
原因と結果に結びつきがありますが、

outcomeは原因との因果関係は薄く、
一連の流れの中でなんとなく最終的に
そうなったという結果を表します。

 

また、仕事などの成果を表す場合が多く、
resultより強いニュアンスになります。

 

outcome発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
resultとの違いと合わせてoutcome
の使い方についてみていきます。

 

outcomeの例文と使い方

outcomeも最終的な結果を表しますが、
resultより原因との結びつきが弱いです。

 

以下はoutcomeの例文ですが、

What will be the outcome of the meeting?
「その会議の結果は、どのようになるだろうか。」

この文だと原因に関係なく
最終的な結果にフォーカスして
質問している感じになります。

 

以下のようにresultを用いると、

What will be the result of the meeting?
「その会議の結果は、どのようになるだろうか。」

何かか原因があっての結果という
意味合いが強くなります。

 

そして、outcomeのほうが
resultより結果が予測できない
感じを表します。

outcomeの例文と使い方

 

outcomeは、以下の例文のように、
仕事などでもたらされた成果を表す
場合によく用いられます。

The outcome of the project was amazing.
「そのプロジェクトの結果は、素晴らしかったです。」

そして、結果という意味でresultより
強い感じになります。

 

resultとconsequenceの違い

resultとoutcomeは、
良い結果と悪い結果の
両方に用いられますが、

consequenceは悪い結果の時に
用いられるという違いがあります。

 

consequenceはoutcomeと同様に
原因との結びつきはresultより弱く、
resultより硬いニュアンスになります。

 

また、consequenceは行動や状況
から必然的に導かれる結果を表し、

原因から生じる結果というよりは
成り行きから必然的に生じる結果
という意味を表します。

 

consequenceの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
consequenceの使い方を解説します。

 

consequenceの例文と使い方

以下はconsequenceの例文ですが、

I was scolded by the consequence.
「私は、その結果によって叱られました。」

悪い結果が出たというように
consequenceを用いると結果が
悪かったことを表します。

consequenceの例文と使い方

 

以下のconsequenceを用いた例文も、

The consequence made my boss angry.
「その結果は、私の上司を怒らせた。」

悪い結果が出たために上司を怒らせた
ということを表しています。

 

consequenceの表す結果は
原因との結びつきが弱いので、

原因を追究する感じではなく
出た結果に対し上司が起こっている
という感じになります。

 

以下のようにresultを用いると、

The result made my boss angry.
「その結果は、私の上司を怒らせた。」

上司が原因も追究して怒っている
という感じになります。

 

また、consequenceを用いるほうが
硬いニュアンスになります。

よって、会話ではresultが用いられ、
仕事上の正式な文章でconsequenceが
用いられることが多い気がします。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「結果」を表すresult・
effect・outcome・consequenceの
違いと使い方について解説しましたが、

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

このように関連性のある英単語を
一緒に覚えると記憶しやすいので
ぜひ学習に取り入れてみて下さい。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート