like・love・adore・prefer・fondの違い!英語で好むの使い方

like・love・adore・prefer・fondの違い

英語で「好む」「好き」と、
似た意味を持っているlike・
love・adore・prefer・fondは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持つlike・love・
adore・prefer・fondの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

like・love・adoreの違い

likeは、「好む」「好き」
という意味で一般的に広く
用いられます。

 

likeは強い感情を表さないのに対し、
loveは「愛する」という意味から
強い感情を伴い「好む」「大好き」
ということを表します。

 

adoreは、loveよりさらに
深い感情を伴った「大好き」
という意味を表しますが、

adoreは女性のことについて
述べる場合に用いられたり、
主に女性が使う言葉です。

likeとloveの違い

 

adoreは、誰かを神のように
「敬愛する」「崇拝する」
という場合にも用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
likeとloveとadoreの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

likeの例文と使い方

以下はlikeを用いた例文ですが、

I like dogs.
「私は、犬が好きです。」

強い感情を伴うわけではなく単に
犬を好むということを表します。

 

「~をすることが好き」と、
likeの後ろに動作を置く場合は
以下のように動名詞を置きます。

I like playing soccer.
「私は、サッカーをすることが好きです。」

 

アメリカ英語では、
以下のように不定詞を用いても
同じような意味になります。

I like to play soccer.
「私は、サッカーをすることが好きです。」

 

ただ、細かい違いをいうと、

like doingはそれをやるのが
楽しくて好きという感じになり、

like to doは好きではないが
やることが望ましいという感じを
表す場合もあるとのことです。

 

likeに対し、以下のように
loveを用いると強い感情を伴い
好むという感じを表します。

 

likeの発音は、以下になります。

 

loveの例文と使い方

以下はloveを用いた例文ですが、

I love dogs.
「私は、犬が大好きです。」

愛しているというほど強い感情で
犬が好きであることを表します。

 

likeが感情を伴わない
わけではありませんが、
loveのほうがより好きという
感情が強いことを表します。

 

「~をすることが大好き」と、
loveの後ろに動作を置く場合は
以下のように動名詞を置きます。

I love playing soccer.
「私は、サッカーをすることが大好きです。」

loveの例文と使い方

 

loveの発音は、以下になります。

 

以下では、loveとadoreの違いと
使い方についてみてみます。

 

adoreの例文と使い方

以下はadoreを用いた例文ですが、

I adore cats.
「私は、猫が大好きです。」

adoreはloveよりも深い感情を伴い、
主に女性によって用いられます。

 

男性が「~が大好き」という時は、
以下のようにloveを用います。

I love cats.

もちろん、loveは女性も用いる
ことができます。

 

adoreは以下の例文のように、

She adores her family.
「彼女は、家族が大好きです。」

女性について述べる時にも
用いられます。

 

「~をすることが大好き」と、
adoreの後ろに動作を置く場合は
以下のように動名詞を置きます。

I adore watching movie.
「私は、映画を観ることが大好きです。」

 

adoreは女性が用いる言葉で、
男性は以下のように言います。

I love watching movie.

 

adoreの発音は、以下になります。

 

preferの意味と使い方

preferは「むしろ~のほうを好む」と、
何かと比較して~のほうが好きという
意味になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
preferの使い方をみていきます。

 

以下はpreferを用いた例文ですが、

I prefer pop music.
「私は、むしろポップミュージックを好む。」

演歌やロック、ラップなどと比較して
私はポップミュージックが好きである
ということを表します。

 

普通に「好き」という場合には、
以下のようにlikeを用います。

I like pop music.
「私は、ポップミュージックを好む。」

 

また、強い感情を伴い「大好き」
という場合はloveを用います。

I love pop music.
「私は、ポップミュージックが大好きです。」

preferの例文と使い方

 

そして、「…よりむしろ~を好む」と
比較対象を置く場合は、以下のように
prefer ~ than … を用います。

Young people prefer pop music than Enka.
「若者は、演歌よりむしろポップミュージックを好む。」

 

preferの発音は、以下になります。

 

fondの意味と使い方

fondは、「~を好んで」
という意味の形容詞で、
be fond of ~ で「~を好む」
という意味になります。

 

likeと同じような意味ですが、
be fond ofのほうが口語的で、
継続的に好きな感じになります。

 

それでは、以下に例文を用いて
fondの使い方をみてみます。

 

以下はbe fond ofを用いた例文ですが、

He’s fond of baseball.
「彼は、野球が好きです。」

likeと同じように彼が野球を好む
ということを表します。

 

よって、上の例文は以下のように
likeを用いて言うこともできます。

He likes baseball.

 

そして、「~することを好む」と
be fond ofの後ろに動作を置く時は
以下のように動名詞を置きます。

She’s fond of cooking.
「彼女は、料理をすることが好きです。」

 

この文もbe fond ofをlikeに変えて、
以下のように言うこともできます。

She likes cooking.

 

ただし、likeは一時的に好きな感じ、
be fond ofのほうが継続的により強く
好きというニュアンスになります。

また、be fond ofのほうが口語的です。

 

be fond ofの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、like・love・
adore・prefer・fondの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート