料理するを英語で!cook・make・prepareの違いと使い方

英語で「料理する」を表す
cook・make・prepareは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
cook・make・prepareの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

cookとmakeの違い

cookは「料理する」という意味ですが、
熱を加えて調理する時に用いられます。

makeは、熱を加えずに「料理する」
「作る」という時に用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
cookとmakeの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

cookの例文と使い方

以下はcookを用いた例文ですが、

I’ll cook curry for my family.
「私は、家族のためにカレーを作るつもりです。」

カレーのように熱を加えて料理する
という場合にはcookを用います。

cookとmakeの違い

 

また、以下の例文のように

She cooked the eggs. 
「彼女は、その卵を調理した。」

食材を調理するという場合も
cookを用います。

 

cookの過去形と過去分詞は共にcookedで、
発音はそれぞれ以下になります。

 

そして、「昼食を作る」
「夕食を作る」という場合は、
以下のようにcookを用いますが、

I cooked lunch.「私は、昼食を作った。」

I cooked dinner.「私は、夕食を作った。」

厳密にいうと熱を加えて料理した
ということを表します。

 

熱を加えずに作れるものを含む場合は
以下のようにmakeを用います。

 

makeの例文と使い方

以下はmakeを用いた例文ですが、

I’ll make salad for breakfast.
「私は、朝食にサラダを作るつもりです。」

生野菜のサラダのように、
熱を加えずに料理する場合は
makeが用いられます。

cookとmakeの違い

 

また、昼食や夕食を作るという時に、
熱を加えずに料理するものを含む場合
以下のようにmakeを用います。

I made lunch.「私は、昼食を作った。」

I made dinner.「私は、夕食を作った。」

 

makeの過去形と過去分詞は共にmadeで、
発音はそれぞれ以下になります。

 

prepareの意味と使い方

prepareには「準備する」
という意味がありますが、
料理を用意するという意味で
用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
prepareの使い方をみてみます。

 

以下はprepareを用いた例文ですが、

My wife prepared dinner for us.
「妻は、私達のために夕食を作ってくれた。」

私達のために夕食を用意してくれた
ということを表します。

 

そして、prepareの過去形と
過去分詞は共にpreparedで、
発音はそれぞれ以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、cook・make・prepareの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート