meanとsignifyの違い!例文を用いて意味と使い方を解説

meanとsignifyの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
meanとsignifyの違いと使い方について
例文を用いて詳しく解説します。

meanとsignifyの違い

meanとsignifyは共に
「意味する」という意味で、
使い方も似ています。

 

ただし、signifyはサインや表示
などが何かを「意味する」時に、

meanは説明や何かを明確にして
「意味する」時に用いられます。

 

また、meanよりsignifyのほうが
知的なニュアンスになります。

 

meanとsignifyの発音は、
それぞれ以下になります。

・mean

・signify

 

それでは、以下に例文を用いて
meanとsignifyの使い方について
詳しくみていきます。

 

meanの例文と使い方

以下はmeanを用いた例文ですが、

Apple means Ringo in Japanese.
「アップルは、日本語でりんごを意味する。」

何かを説明して「~を意味する」
という時にはmeanを用います。

 

meanは、以下の例文のように、

His actions mean he likes her.
「彼の行動は、彼が彼女を気に
入っていることを意味します。」

何かを明確に「意味する」という
場合にも用いられます。

 

signifyの例文と使い方

以下はsignifyを用いた例文ですが、

If the light is red, it signifies we must stop.
「もしライトが赤なら、それは私達が
止まらなければならないことを意味する。」

signifyはサインや表示が何かを
「意味する」という時に用います。

 

ただ、signifyのほうが適切な場合でも、
ネイティブスピーカーは以下のように
meanを用いることがあるようです。

If the light is red, it means we must stop.

 

以下では、signifyに関連したsignificant・
significance・signification・significantly
の違いと使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここではmeanとsignify違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート