teach・tell・show・tutor・coachの違い!教えるを英語で

teach・tell・show・tutor・coachの違い

英語で「教える」を表す
teach・tell・show・tutor・coachは、
以下のように意味が異なります。

teach:(学問などを)教える

tell:(道など情報を)教える

show:(写真などを見せて)教える

tutor:(家庭教師として)教える

coach:(指導者として)教える

 

このような違いがありますが、
脳は複数の情報を関連付けて
覚えると記憶しやすい
ので、

ここでは、teach・tell・show・
tutor・coachの違いと使い方について
例文を用いて詳しく解説します。

teachとtellの違い

teachとtellの違い

 

まずは、tellとteachの違い
について解説します。

 

teachは英語などの学問や知識、
または技術を「教える」という
場合に用いられます。

そして、teachに対してtellは、
道を教えるというように情報を
「教える」「伝える」という
場合に用いられます。

 

tellの「教える」は「伝える」
という意味がベースなので、
道(行き方)や電話番号などの
情報を伝えて終わりです。

tellに対し、teachの「教える」は、
学問や知識、技術を理解できるまで
教えるという感じになります。

 

よって、学問を教えたという場合は、
以下のようにteachを用いると英語を
理解できるように教えると自然ですが、

I teach them English.
「私は、彼らに英語を教えています。」

 

以下のようにtellを用いると
情報を伝えるという感じになり
英語は情報ではないので不自然です。

I tell them English.
「私は、彼らに英語を教える。」

 

逆に、「道を教える」という場合は、
以下のようにtellを用いるとその場で
駅への行き方を伝えたと自然ですが、

I told him the way to the station.
「私は、彼に駅への道を教えた。」

 

以下のようにteachを用いると
駅への道を理解するまで手取り足取り
教えたという感じになり不自然です。

I taught him the way to the station.
「私は、彼に駅への道を教えた。」

 

このように、tellは情報を伝える、
teachは学問などを理解できるように
「教える」という違いがあります。

teachとtellの違い

 

teachとtellの発音は、
それぞれ以下になります。

・teach

・tell

それでは、以下に例文を用いて
teachとtellの使い方をさらに詳しく
みていきます。

 

teachを用いた例文

以下は、teachを用いた例文ですが、

I teach them English.
「私は、彼らに英語を教えています。」

S teach O1 O2という第4文型の形で
「SはO1にO2を教える」という意味
になります。

 

O1とO2の順番を逆にすると、
以下のようにS teach O2 to O1と
O1の前に前置詞のtoを付けます。

I teach English to them.
「私は、彼らに英語を教えています。」

 

この形は、SVOの第3文型で、
to themは「彼らに」→「教える」と
teachを修飾している副詞です。

 

そして、teachは学問や知識、技術を
理解してもらうために1から10まで
教えるというニュアンスになります。

 

tellを用いた例文

以下はtellを用いた例文ですが、

I told him the way to the station.
「私は、彼に駅への道(行き方)を教えた。」

駅への道という情報を伝えた
ということを表します。

 

以下のtellを用いた例文も、

Please tell me the information.
「私にその情報を教えて下さい。」

情報を“伝える”という意味が
ベースでの教えるという意味です。

 

showとteachの違い

showとteachの違い

 

showは「見せる」という意味から、
写真や地図などを見せて「教える」
という意味があります。

 

showの発音は、以下になります。

 

そして、上で解説したように
以下のようにteachを用いると、

学校の授業のように1から10まで
しっかり教える感じになりますが、

I’ll teach you how to use iPhone.
「(私はあなたに)アイフォンの
使い方を教えてあげます。」

 

以下のようにshowを用いると、

I’ll show you how to use iPhone.

目の前で実際に使って見せたり、
使い方の動画を見せたりして
教えるという意味になるのに対し、

 

よって、この場合はshowを
用いるほうが自然です。

 

以下に例文を用いて、
showの使い方をみてみます。

 

showを用いた例文

以下はshowを用いた例文ですが、

I’ll show you how to use iPhone.
「(私はあなたに)アイフォンの
使い方を教えてあげます。」

実際に実演や動画を見せながら
教えるということを表します。

 

showは、S show O1 O2
という第4文型の形で、

S:I
V:will show
O1:you
O2:how to use iPhone

「SはO1にO2を見せる」
という意味になります。

 

また、以下のように
O1とO2の順番を入れ替えると、

I’ll show how to use iPhone to you.

S:I
V:will show
O:how to use iPhone
M:to you

という第3文型になります。

 

tutorとcoachの違い

tutorとcoachの違い

 

「家庭教師」という意味から、
tutorは個別指導で家庭教師として
「教える」という意味になります。

coachは「コーチ」という意味から、
コーチや指導者としてスポーツなどを
「教える」という意味になります。

 

tutorとcoachの発音は、
それぞれ以下になります。

・tutor

・coach

 

それでは、以下に例文を用いて
tutorとcoachの使い方について
詳しくみていきます。

 

tutorを用いた例文

以下はtutorを用いた例文ですが、

I tutor the girl in English.
「私は、(家庭教師として)
その少女に英語を教えている。」

tutor O in ~ という形で、
家庭教師として「Oに~を教える」
という意味になります。

 

coachを用いた例文

以下はcoachを用いた例文ですが、

I coach soccer.
「私は、サッカーを教えている。」

コーチなどをしてサッカーを指導
しているということを表します。

 

また、I coach soccerで「私は、
サッカーのコーチをしている。」
という意味を表します。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「教える」を表す
teach・tell・show・tutor・coachの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート