社会人の英文法勉強法!脳科学的に効率の良い覚え方

社会人の英文法勉強法

子供と大人で覚え方が変わるので、
社会人は学生時代と英文法の勉強法
を変える必要があります

そこで、ここでは社会人のための
効率の良い英文法の勉強法
について
脳科学の観点から解説します。

子供と大人の覚え方の違い

英文法を効率よく身につけるために、
まずは子供と大人の脳の違いについて
知っておく必要があります。

 

小学生くらいのまでの子供は
左脳が発達しきっていないので、
丸覚えで物事を覚えます。

例えば、小学校の時に九九を
丸覚えできたのがいい例です。

子供と大人の覚え方の違い

 

13才くらいで左脳が発達しきると
丸覚えすることができなくなるので、

大人が英文法を丸覚えしようとしても
なかなか覚えることができません。

 

左脳が発達しきった後は論理的に
理解してから物事を覚えるので、

英文法をただ丸覚えするのではなく
論理的に理解する必要があります。

 

社会人になってから英語学習を再開した時に
参考書などを買って読んでも理解できないのは、

大人が理解しやすいように論理的に解説されて
いないものが多いからです。

 

参考書の説明を読んでいて、

「なぜ、ここはこうなるのだろう?」

と、理解できない経験をした方は
たくさんいるのではないでしょうか。

 

参考書などで勉強しても理解できない場合、
参考書の行間まで論理的に説明されている
詳しい解説で学ぶことが必要になります。

 

英文法の全体像から学習する

人間の脳は、全体を把握してから
詳細を学ぶと理解しやすいように
できています。

これは、全体が分かる地図を持っていると
旅行しやすいのと似ています。

英文法の全体像から学習

 

地図がないと、どこにいるのか、
どこに向かっているのかが分からず、
不安になったり迷ってしまいますが、

英文法もいきなり詳細から学ぶと
何を学んでいるのか分からないという
結果になりやすいです。

 

学校の勉強でも、市販の参考書でも、
全体を把握しないまま詳細を学ぶので
頑張って勉強しても理解できないという
ことになってしまいます。

 

よって、効率よく英文法を理解するには
全体像を把握してから詳細を学ぶという
順番が非常に大切です。

 

聴覚も使った勉強法がお勧め!

脳科学の研究で、参考書を読み
視覚だけを使って学習するより、

説明を聞いて聴覚も使って学習すると
より高い学習効果が得られることが
分かっています。

お勧めは聴覚も使った勉強法

 

そこで、教科書や参考書を読むだけの
学習で英文法が理解できていない場合、

先生から習ったり、動画で英文法の説明
を聞くことで聴覚(耳)も使って学ぶと
理解しやすくなると思います。

 

しかし、先生から習おうとすると
それなりの学費が必要になるので、
難しい方もいるかもしれません。

また、先生と時間を合わせるのが
大変な方もいると思います。

 

そんな方にお勧めなのが、動画を使って
好きな時に学べるオンライン講座です。

 

社会人の効率的な英文法勉強法

これまでにお伝えしてきた通り、
社会人が効率よく英文法を理解する
勉強法のポイントは以下になります。

  • 丸覚えでなく論理的に英文法を学ぶ
  • 英文法の全体を把握してから詳細を学ぶ
  • 視覚だけでなく聴覚も使って英文法を学ぶ

 

そして、この3つのポイントを押さえて
社会人が好きな時に英文法を全体像から
学べるオンライン講座があります。

 

ただ、以下でオンライン講座の
オリジナル資料が貰えますので、

まずは資料と無料メルマガの解説で
学ぶことから始めてみて下さい☆

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート