accompanyの覚え方!accompanistとaccompanimentの違い

accompanyの覚え方

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

効率の良いaccompanyの覚え方
関連した英単語をセットにして
覚えることです。

 

そこで、accompanyに関連した
accompanist・accompanimentなどの
英単語を一緒に覚えることが効果的な
accompanyの覚え方になります。

 

また、英文も関連付けて覚えると
さらに単語を覚えやすくなる
ので、
ここではこれら英単語の意味について
例文を用いて解説します。

 

※解説で、他動詞とは目的語をとる動詞、
自動詞とは目的語をとらない動詞です。

accompanyの意味と使い方

accompanyは他動詞で、
以下の意味があります。

 

1.(人が)(人)と一緒に行く、
…に同行する、付き添う<go withより堅い語>
(人)と(…を)一緒にする<in>

 

以下は、「…に同行する」という
意味のaccompanyを用いた例文です。

The teacher accompanied his students.
「その先生は、彼の生徒達に同行した。」

 

2.(物・事が)(物・事)に
付随して起こる、…と同時に生じる

 

3.(物)に(…を)伴わせる、
加える<with>

 

以下は、「に(…を)伴わせる」という
意味のaccompanyを用いた例文です。

She will accompany the gift with a few flowers.
「彼女は、その贈り物に花を少し添えるだろう。」

 

※a fewは「少しある」という意味で、
few「ほとんどない」という意味です。

 

4.(人・歌)の伴奏をする<at, on, with>

 

accompanyの発音は、以下になります。

 

accompanistとaccompanimentの違い

accompanistとaccompanimentは
共に名詞ですが、以下のような
意味の違いがあります。

 

accompanistの意味と使い方

accompanistには、
「(主にピアノによる)伴奏者」
という意味があります。

 

以下は、accompanistを用いた例文です。

She is an accompanist of Japanese dance.
「彼女は、日本舞踊の伴奏者です。」

 

accompanistの発音は、以下になります。

 

※accompany→accompanistのように、
動詞や名詞にistが付くと人を表す名詞
になることがよくあります。

例)piano[ピアノ]→pianist[ピアニスト]

 

accompanimentの意味と使い方

そして、accompanimentには、
以下のような意味があります。

 

1.付随して生じるもの、産物、
(…の)付き物、付属物<to>

 

2.伴奏

 

以下は、「伴奏」という意味の
accompanimentを用いた例文です。

She sang the song without accompaniment.
「彼女は、伴奏なしでその歌を歌いました。」

 

accompanimentの発音は、以下になります。

 

☆accompany→accompanimentのように、
動詞にmentが付くと名詞になることが
よくあります。

例)manage[経営する]→management[経営]
develop[開発する]→development[開発]

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、効率の良いaccompany
の覚え方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

関連性のある英単語を一緒に覚えると
効率よく記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート