undertakeの使い方とundertaker・undertakingの意味の違い

undertake・undertaker・undertakingの使い方

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

undertake・undertaker・undertaking
と、似た意味を持つ英単語を一緒に
覚えることは効果的な覚え方
です。

 

また、英文も関連付けて覚えると
さらに単語を覚えやすくなる
ので、
ここではこれら英単語の意味の違いと
使い方について例文を用いて解説します。

 

※解説の中で、Uは数えられない名詞、
複数形のsを付けない名詞を表します。

また、他動詞とは目的語をとる動詞、
自動詞とは目的語をとらない動詞です。

undertakeの意味と使い方

undertakeは他動詞で、
以下の意味があります。

 

1.(人が)(責任・仕事・地位など)を
引き受ける、約束する<promise>、同意する
…することを引き受ける<accept><SV to do>

 

以下は、「(地位)を引き受ける」という
意味のundertakeを用いた例文です。

He undertook the manager of the department.
「彼は、その部署の部長を引き受けた。」

 

以下は、「…することを引き受ける」<SV to do>
という意味のundertakeを用いた例文です。

She undertook to do the work.
「彼女は、その仕事をすることを引き受けた。」

 

2.(人が)(事)を始める、
…に着手する、…を企てる

 

以下は、「(人が)(事)を始める」という
意味のundertakeを用いた例文です。

I will undertake a journey tomorrow.
「私は、明日旅行に出かけるつもりです。」

 

この文のwill undertake a journeyの直訳は
「旅行を始めるつもりです」となりますが、
日本語として不自然なので「旅行に出かける
つもりです」としました。

 

3.(人が)…ということを保障する、
断言する<SV that節><英>

 

以下は、「…ということを保障する」という
意味のundertakeを用いた例文です。

I undertake(that)he will succeed.
「私は、彼が成功することを保証します。」

 

※undertakeは自動詞として、
「(…の)責任を負う」という
意味も持っています。

 

以下は、例文です。

The company will undertake for the failure.
「その会社は、その失敗の責任を負うだろう。」

 

undertakeとundertookの発音は、
以下になります。

 

undertakerの意味と使い方

undertakerは名詞で、
以下の意味があります。

 

1.引受人、請負者、企業家

 

以下は、「企業家」という意味の
undertakerを用いた例文です。

The undertaker became famous in the world.
「その起業家は、世界中で有名になった。」

 

2.葬儀屋[人]<英>
<米はmortician, funeral director>

 

undertakerの発音は、以下になります。

 

☆undertake→undertakerのように、
動詞や名詞にerが付くと名詞になる
ことがよくあります。

例)play[する]→player[選手]
run[走る]→runner[ランナー]
golf[ゴルフ]→golfer[ゴルフ選手]

 

undertakingの意味と使い方

undertakingは名詞で、
以下の意味があります。

 

1.事業、企て、(大変な)仕事<task>、
引き受けた事、引き受ける[始める]こと[U]

 

以下は、「事業」という意味の
undertakingを用いた例文です。

He will start a new undertaking.
「彼は、新事業を始めるつもりです。」
 
 

ただ、馴染みのある言葉で「事業」は
businessを用いることもできます。

He will start a new business.
「彼は、新事業を始めるつもりです。」

 

2.(…する/…という)約束<promise>、
保障(guarantee)<to do/that節>

 

以下は、「約束」という意味の
undertakingを用いた例文です。

I made an undertaking to go there.
「私は、そこへ行く約束をした。」

 

ただ、馴染みのある言葉で「約束」は
promiseを用いることもできます。

I made a promise to go there.
「私は、そこへ行く約束をした。」

 

3.葬儀屋業[U]

 

undertakingの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つ
undertake・undertaker・undertaking
の違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

関連性のある英単語を一緒に覚えると
効率よく記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート