幼児・子供にお勧め!英語のリスニング上達法&アニメ動画

幼児と子供向け英語のリスニング上達法

幼児・子供・大人で脳が変わるので、
効果的な英語のリスニング上達法は
年代によって異なります。

そこで、以下で幼児・子供・大人に
効果的な英語のリスニング上達法

脳科学の観点から解説します。

幼児は聞き流しで上達

右脳しか動いていないため、
3才位までの赤ちゃんから幼児期は
聞き流しで言語を覚えることができます。

幼児向け英語のリスニング上達法

 

周りで両親が話している言葉や両親が
テレビを観ている時に聞き流している
言葉を無意識に聞いて覚えていくことで、

ある時「パパ」「ママ」と急に単語から
言葉を話すようになっていきます。

※右脳=無意識と考えられています。

 

例えば、両親が洋楽好きで家の中で
洋楽が流れている家庭で育った子供は、

中学に入り英語の授業を受け始めた時に
リスニング力が他の子供より高いという
ことを聞いたことがあります。

 

日本語と英語では周波数帯が異なりますが、
小さい時に英語を耳から脳に入れることで
英語の周波数帯を聞くことに脳が慣れるため
ということが理由の一つと考えられます。

その他にも、日本語と英語では発音や
リズム、スピードなどの違いがありますが、
これらにも脳が対応できるようになるから
ということもあります。

 

よって、3才以下の幼児期のお子様がいて
自身が英語の英会話の練習をしている場合、

お子様の横で洋楽を聴いたりリスニングや
英会話の練習をすると、お子様はその英語を
聞き流して覚えていくことが可能です。

 

そういう意味でも自分が英語を話す時は
正しい発音で声に出して言うようにすると、
お子様の英語習得にもプラスになります。

そこで、以下で英語の正しい発音が学べる
無料動画を紹介しています。

 

子供は聞くだけで上達

4才位から左脳が発達し始め、
聞き流しで言語を覚えることが
難しくなります。

4才位から左脳が発達しきる
12才位までの子供については、
丸覚えして言語を覚えます。

子供向け英語のリスニング上達法

 

この年齢の子供は親が知らないところで、
テレビなどで聞いた言葉を丸覚えするので
親がどこでそんな言葉を覚えてきたんだと
驚くことがあると思います。

よって、子供は意味が分からなくても、
英語の歌、ラジオ、テレビを聴いていると
リスニング力のアップに効果的です。

 

また、声に出して音読すると黙読の時の
5倍から10倍も学習効果が上がるので、

歌を歌うことが好きなら子供にどんどん
英語の歌を聴かせて歌うようにさせると
スリニング力も劇的に上達します。

 

洋楽の歌詞に使われているフレーズは
日常生活で話す表現と異なるものも多く、

リズムやイントネーションも違うので大人が
英語の歌を歌ったり、洋楽を聴いたりしても
リスニング力はあまり上達しません。

 

ただ、私が実践していて洋楽を歌うと
発音はよくなっている感じはするので、
カラオケが好きな方は発音を学んだ後、
洋楽を歌うと発音矯正には効果的です。

 

お勧めはアニメの動画

最近では、Youtubeで日本のアニメの
英語版を無料で観ることができるので、
幼児や子供の英語のリスニング上達に
日本のアニメがお勧めです。

 

アニメがお勧めの理由

アニメがお勧めな理由は、
継続しやすいからです。

人間は「痛みを避けて快楽を得る」
という行動原理を持っているので、
楽しくないと避けたくなるので続けられず
楽しい快楽を感じるので続けたくなります。

 

また、英文が難しいと脳は不快になり
痛みになるので練習を避けたくなります。

特に、子供は正直なので練習の題材が
楽しくなければ続けるのを嫌がります。

 

日本の英会話教材はダメ

日本にある高額なリスニング教材は
教材で使われている英文が楽しくないので、
練習することが痛みになり続けられません。

また、レベルが自分に合っていなかったり、
CDの音声がスロースピードの教材も多いので
高額な英会話教材は効果が出にくいです。

 

なので、英会話教材の宣伝に振り回されず、
子供のレベルに合っていて楽しいと感じるか
という基準で練習の題材を選びましょう。

 

そこで、英文がやさしいアニメなら
子供でも内容を理解することができ、
楽しいと感じれば自然に続けられます。

そして、感情が動いた時に
入ってきた情報は記憶しやすいので、
楽しいと感じるアニメで練習をすると
英単語も覚えやすくなります。

 

脳が感情とセットになって
入ってきた情報を記憶しやすいのは
危険な目にあって「怖い」など、

感情が動いた時に1回で記憶しないと
何度も同じ怖い目にあってしまうため
備わっている機能で非常に強力です。

 

よって、感情とセットでインプットすると、
少ない繰り返しで英単語を記憶できます。

 

そこで、ディズニーのアニメなど、
子供が好きな日本のアニメで練習すると
楽しいや面白いと感情が大きく動くので、
英単語を覚えることにも効果的です。

 

日本のアニメの英語版☆

日本のアニメをお勧めする理由は、
既に内容が分かっているからです。

子供が丸覚えできると言っても、
全く分からないアニメを観るのは
苦痛に感じる可能性があります。

 

そこで、子供が内容を知っている
日本のアニメなら内容が分かっていて
楽しいということが分かっているので、
練習しやすいと思います。

と言いますが、練習という感覚ではなく、
アニメを観ることを楽しんでいるうちに
自然に英語が身についていくという感じ
になると思います。

 

最近では、YouTubeで日本のアニメの
英語字幕版と英語吹き替え版を無料で
観れるものもあります。

例えば、「ワンピース アニメ 英語版」
とYouTubeで検索するとワンピースの
英語版の無料動画が表示されます。

 

大人のリスニング上達法

左脳が発達しきる13才位になると、
聞き流しや丸覚えで言語を覚えることが
できなくなります。

 

そして、発達しきった大人の脳は
論理的に物事を理解してから覚えるので、

子供のようにただ聴くのではなく練習前に
英文の内容(日本語の意味)を理解した後、
英語を集中して聴くことで上達します。

 

このことを知らずに練習してしまうと
努力している割にリスニングが上達せず、
自信やる気が失くなってしまいます。

 

大人に効果的なリスニングの練習法は、
まず英文の意味を日本語で理解してから
音声を聴き取れるようになるまで英文を
見ながら集中して聴くことです。

そして、ここからは子供と同じですが、
音読すると黙読の時と比べて学習効果が
5倍~10倍になるので英文を聴いた後、
音読すると英単語も覚えやすくなります。

 

正しい発音で言えるようになった
言葉は聴き取れるようになるので、
音読する時に正しい発音で音読すると
リスニングの上達にさらに効果的です。

聴いた後に英文の音読を繰り返し、
英文をスラスラ言えるようになったら、
最後の仕上げでシャドーイングをすると
さらに効果が出ます。

 

シャドーイングとは英語の音声を聴いた後、
追いかけるように音読する練習方法ですが、

繰り返し練習することで発音、リスニング、
スピーキングが上達し、英単語も覚えられる
という非常に効率のよいトレーニングです。

 

具体的なシャドーイングの練習方法ついて、
以下で解説しているので参考にして下さい。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート