子供の英会話が上達する勉強法は幼児・小学生・中学生で違う

子供の英会話勉強法

年齢で脳が変わっていくので
子供とひとくくりに言っても
幼児・小学生・中学生で英会話を
上達させる勉強法も変わります

そこで、脳の特性に合わせて
幼児・小学生・中学生に適した
英会話の上達法を解説します。

幼児期の英会話上達法

まず、3才までの幼児期は
右脳しか動いていないため、

英語を聞き流しているだけで
言語を覚えることができます。

 幼児期の英会話上達法

 

私達が日本語を覚える過程でも、

幼児期はお父さんやお母さんが
周りで話している日本語や
テレビやラジオから聞こえてくる
日本語を聞き流しているだけで、

右脳にその日本語が記憶されていき
ある時「パパ」「ママ」と日本語が
口から飛び出し話せるようになります。

 

よって、聞き流しが効果的なので、
幼児期は洋楽や映画を流すなどして
英語を聞き流せる環境作りが大切です。

ただ、母国語である日本語と同じ位
英語を身につけさせるのはよくない

という意見もあります。

 

私も、幼稚園の先生に3才位までに
日本語と英語を同等に使うことできる
バイリンガル脳になった子供の中には、

母国語どっちなのか混乱する子供がいる
と聞いたことがあります。

 

そして、日本語と英語のどちらも
ネイティブ並みには身につかなくなる

という可能性もあるようです。

よって、あくまで母国語は日本語で、
将来しっかり英語を習得したい時に
プラスになるので英語の聞き流しを
させてあげる位がよいと思います。

 

幼児期の英語の聞き流しについては、
以下でも詳しく解説していますので
参考にして下さい。

 

小学生の英会話上達法

右脳しか動いていない3才位までは
聞き流しが効果的な上達法ですが、

4才位から左脳が発達し始めると
聞き流しでは言語を覚えることが
できなくなります。

小学生の英会話上達法

 

4才位から左脳が発達しきる、
12才位までの子供は丸覚えで
言語を覚えるようになります

小学生の時に九九を言っていたり、
漢字を書いているだけで覚えることが
できたのはこれが理由です。

 

この時期の子供は、友達と遊んだり
テレビを観ている時に聞いた言葉を
丸覚えして話すようになります。

それで、お父さんやお母さんが
どこでそんな言葉を覚えてきたんだと
びっくりするのはよくあることです笑

 

よって、小学生までは英語ネイティブと
英会話をしながら英語表現を丸覚えする
ことができます。

そこで、子供が英会話学校に通って
ネイティブの先生と英語で会話するのは
英会話の上達に効果的です。

 

ただ、一つだけ問題なのは小学生の
脳の特性には合った方法なのですが、

子供にやる気がないと聞いた英語を
覚えませんし、当然、話さない
ので
英会話が上達することはありません。

 

また、不快に感じている状態の時は
脳のパフォーマンスが下がるので、

子供が楽しくないと感じていることを
将来役に立つからと無理にやらせても
成果は得られにくいのです。

 

そして、英会話学校に通う時間と労力、
高い授業料がムダになってしまいます。

そこで、この問題を解決するために
一つ効果的なのは、まずはご両親が
英会話を楽しむ
ということです。

 

以前、両親が読書好きの子供は、
読書好きになりやすいという記事を
読んだことがあります。

これと同じで、両親が英語好きなら、
子供も英語を好きになりやすい
のは
確かだと思います。

 

なので、子供が英語に興味がない場合、
まずはお父さんとお母さんが英会話に
興味を持ってみてはいかがでしょうか?

そして、英会話の練習をする場として
高額な英会話学校ではなくオンライン
英会話がお勧めです。

 

オンライン英会話には1アカウントを
家族一緒に利用できるものもあるので、

ご両親が楽しそうに英会話レッスンで
英語を話しているのを見ているうちに
子供もやりたくなるかもしれません。

 

ただ、注意としては子供は見抜くので、
子供に英会話をやらせるためにではなく
自分が英会話を楽しむことが大事です。

以下で、家族で使えるオンライン英会話
を紹介していますので参考にして下さい。

 

中学生の英会話上達法

3才位までは聞き流し、
4才から12才位までは
丸覚えで言語を覚えますが、

13才位で左脳は発達しきると
丸覚えができなくなり、

中学生位からは論理的に物事を
理解して覚えるようになります

中学生の英会話上達法

 

よって、中学生からは英文法を覚えて、

それを使って英文を組み立てて話したり
日本語の意味を理解した上で英文を聴き、

リスニングの練習をすることで英語を聴く・
話すことができるようになっていきます。

 

ただ、英文法を覚えるといっても学校の
テストに出るような難しいものではなく、

以下の5文型を中心とした中学生2年生
位までに学ぶ簡単な英文法です。

 

1.S+V
2.S+V+C(S=Cの関係)
3.S+V+O(Vの後ろに目的語が1つ)
4.S+V+O+O(Vの後ろに目的語が2つ)
5.S+V+O+C(O=Cの関係)

 

以下は、中学生から高校生で学ぶ
英文法を参考書より分かりやすく
解説している無料サイトです。

学校の教科書や市販の参考書で
英文法が理解できない中学生は、
ぜひ参考にして下さい。

参考書より分かりやすい英文法解説

 

英語を話す時は私達日本語ネイティブは
頭の中でいきなり英文を作れないので、

日本語で「私は、夕食を作った。」など、
5文型に当てはまる短い日本語を考えて
それを英語に変換する練習をして下さい

 

話す内容は難しいトピックではなく、
まずは日常の出来事について英語で言う
練習をしましょう。

 

そして、日常の出来事について
英語でスラスラ言えるようになったら、

好きな音楽など、トピックを決めて
それについて英語で言う練習をすると
ステップアップしていきましょう。

 

日本語は助詞(て・に・を・は)があり、

「~で~と~を~する」と前置きが長く
動詞(結論)が最後にくるというように、

SVと主語の後ろに動詞(結論)がくる
英語の文の作りと大きく異なります。

 

よって、普段日本語を話している感じで
言いたいことを考えると一文が長くなり、

英語に変換しにくい文になりやすいので、
英語の5文型に当てはまる短い日本語の
文を作るということを意識して下さい。

 

私達は日本語を自在に扱えるプロで
日本語を変えることは簡単にできるので、

英語に変換しやすい日本語の文を考えて
それを英語に変換して話す練習をすると
早く英語のスピーキングが上達します。

 

中学生のリスニング上達法については、
以下ので詳しく解説しています。

 

大人向け英会話上達法

英会話学校へ通ったり、
英会話教材を買ったりしても、
なかなか英会話が上達しない
日本人の大人たくさんいます。

それは、日本にある
英会話学校や教材のほとんどは、
大人の脳の特性に沿った方法では
ないからです。

大人向け英会話上達法

 

しかし、いかにも効果があるように
宣伝されているので、それを信じて
やって上達せず自信を失くすという
負のスパイラルに入っています

以前の私が、まさにそうでした…。

 

脳の特性は誰でも同じなので、
脳の特性に沿って練習すれば
100%英会話を習得できます。

よって、大人になってから
英会話を習得したい場合は、
まず大人の脳の特性を知ることを
強くお勧めします

 

脳の特性を知りそれに沿って
練習することで確実に上達しますし、
何より効果の出ない方法にムダな
時間とお金を使わずに済みます

よって、これから先のことを考えると、
膨大な時間とお金を節約できるように
なると思います。

 

大人の英語のリスニングと
スピーキングの上達法については、
中学生と同じです。

以下では、英会話に役立つ形で
大人の脳の特性に沿って英単語を
覚える方法を解説していますので、
参考にして下さい。