makeの第1・第2・第3・第4・第5文型の例文と使い方

文型で変るmakeの意味と使い方

以下のように英語のmakeは、
第1文型から第5文型まで
様々な意味があります。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは第1文型から第5文型で
用いられるmakeの意味と使い方
について解説します。

第1文型のmakeの例文と使い方

makeが、「~に向かって進む」
という意味のmake for(toward)〜

という熟語で用いられる場合に
第1文型になります。

 

例えば、以下の例文は、

I will make for his house.
「私は、彼の家に向かうつもりです。」

 

S:He、V:will makeの第1文型で、

for his houseは「彼の家に」という意味で
動詞makeを修飾している副詞句です。

 

ただ、この場合には文型で考えるより
make for(toward)〜 というセットで、

「~に向かって進む」という意味で使う
と覚えてしまったほうが楽だと思います。

 

第2文型のmakeの例文と使い方

makeが第2文型を作る時は、
以下のような熟語の一部として
用いられます。

 

make merry「浮かれる」

例えば、以下の例文は、

He made merry.
「彼は、浮かれた。」

 

S:He、V:made、C:merryで、

He=merryの関係が成り立つ
第2文型と考えます。

 

ただ、文型を考えるより、
make merryというセットで、

「浮かれる」「陽気にする」
という意味だと覚えてしまった
ほうが簡単だと思います。

make merry

 

make free with「に馴れ馴れしくする」

例えば、以下の例文は、

They make free with her.
「彼らは、私に馴れ馴れしくする。」

 

S:They、V:made、C:freeとなり
He=freeの関係が成り立つ第2文型で、

with herは「彼女に」という意味で
動詞のmakeを修飾する副詞句です。

 

ただ、この場合も文型を考えるより、
make free withというセットで、

「に馴れ馴れしくする」という意味だと
覚えてしまったほうが簡単だと思います。

 

これらの他に第2文型と考えられる
makeを含む熟語は幾つかありますが、

大人がたくさん覚えるのは大変なので
ここでは英会話で用いられそうなものを
ご紹介しました。

 

第3文型のmakeの例文と使い方

makeが第3文型で用いられる時は、
make O(目的語)で「Oを作る」
という意味になります。

 

例えば、以下の例文は、

I will make salad tomorrow.
「私は、明日サラダを作るつもりです。」

S:I、V:will make、O:saladの第3文型で、
tomorrowは「明日」→「作るつもりです」と
動詞を修飾している副詞です。

 

第3文型で用いられるmakeは、
英会話で用いられる頻度が高いので
使えるようにしておきましょう。

 

料理を「作る」と言う時に用いられる
cookとmakeの違いや使い方について、
以下で例文を用いて解説しています。

 

第4文型のmakeの例文と使い方

makeが第4文型で用いられる時は、
「O(のため)にOを作る」という
意味になります。

 

例えば、以下の例文は、

She made us salad.
「彼女は、私達のためにサラダを作ってくれた。」

S:She、V:made、O:us、O:salad
の第4文型です。

サラダを作る

 

そして、usとsaladの順番を
入れ替えると以下のようになり、

She made salad for us.
「彼女は、私達のためにサラダを作ってくれた。」

 

「私達のために」→「作ってくれた」と
for usは動詞を修飾する副詞になるので、

下の例文はS:She、V:made、O:salad
の第3文型になります。

 

第5文型のmakeの例文と使い方

makeが第5文型で用いられる時は、
「OにCさせる」という意味になります。

 

例えば、以下の例文は、

He often makes her angry.
「彼は、よく彼女を怒らせる。」

S:He、V:makes、O:her、
C:angryの第5文型です。

 

oftenは「よく」→「させる」と、
動詞のmakeを修飾している副詞で
文型の要素から外れます。

 

そして、makeの第5文型で、
Cに動詞が入る時は以下のように
原形不定詞になります。

He made her clean the room.
「彼は、彼女にその部屋を掃除させた。」

 

以下では、第5文型で用いる時に、
make同様に「させる」という意味になる
getの使い方について解説しています。

 

効果的な英語表現の覚え方

記憶には、学習して覚える知識記憶と
経験して覚える経験記憶がありますが、

知識記憶と比べて経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

 

そこで、学んだ知識は実際に使って
経験すると早く使えるようになるので、

学んだ表現を使い英文を作って話す練習
をすることがお勧めの覚え方です。

 

以下で、効率よく英語を話せるようになる
脳の特性に沿った英文作成のコツについて
解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を