duty・obligation・responsibilityの違いを例文を用いて解説

duty・obligation・responsibilityの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
duty・obligation・responsibilityの違い
と使い方を例文を用いて解説します。

dutyの意味と使い方

dutyには「義務」という意味がありますが、
自分がしなければならないと感じることで
実際にやるかやらないかは選択できます。

 

以下はdutyを用いた例文ですが、

I have a duty to do the work.
「私は、その仕事をする義務がある。」

 

道徳心や法律による責任感から
自分がしなけれならないと感じる義務に
dutyを用います。

 

よって、上の例文では他人から
仕事をするように言われたのではなく、
自分の道徳心からしなければならないと
感じているだけなのでやらないという
選択肢もあります。

 

obligationの意味と使い方

obligationは法律などによって
強制的にさせられる「義務」を表し、
必ずしなければなりません。

 

以下はobligationを用いた例文ですが、

We have an obligation to pay tax.
「私達は、税金を払う義務がある。」

 

税金を払うことは
法律によって決められていることで、
必ずしなければならない義務である
ことを表しています。

 

responsibilityの意味と使い方

responsibilityは「責任」という意味で、

「責任」は自分の立場から当然
しなければならないことを表します。

 

以下はresponsibilityを用いた例文ですが、

I have a responsibility to do the work.
「私は、その仕事をする責任がある。」

 

自分の立場からその仕事をする
責任があることを表しています。

 

以下のようにduty「義務」を用いると、

I have a duty to do the work.
「私は、その仕事をする義務がある。」

 

道徳心や法律による責任感から
自分がその仕事をしなければならない
という義務感があることを表します。

 

responsibilityを用いると、
立場上その仕事をする責任があり
やならなかったり失敗すると
非難されます。

 

dutyを用いた場合は義務があると
自分が感じているだけなので、
やらなくてもいい場合もあります。

 

まとめ

duty・obligation・responsibilityの
意味の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。