option・choice・select・selectionの違い!英語で選択の使い方

option・choice・select・selectionの違い

英語で「選択」という意味の
option・choice・selectionは、
以下のような違いがあります。

option

制限がある中での「選択」

choice

自由に選べる中での「選択」

selection

選択肢の中から最適なものを
じっくり考えて慎重に「選ぶ」
という動詞のselectの意味から、
最適なものを選ぶ慎重な「選択」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
option・choice・selectionの違い
と使い方
について例文を用いて
解説します。

option・choice・selectionの違い

optionは、選択肢に制限がある中
からの「選択」という意味です。

choiceは、自由に選べる中から物や
事柄を選ぶ「選択」という意味です。

 

selectionは、選択肢の中から
最適な人や物を選ぶ慎重な「選択」
という意味です。

option・choice・selectionの違い

 

option・choice・selectionの発音は、
それぞれ以下になります。

・option

・choice

・selection

 

それでは、以下に例文を用いて
option・choice・selectionの違いと
使い方についてみていきます。

optionの例文と使い方

以下はoptionを用いた例文ですが、

They have some options.
「彼らは、幾つかの選択肢を持っています。」
=「彼らには、幾つかの選択肢がある。」

optionは限られた「選択肢」
限られた選択肢の中から選ぶ「選択」
という意味で用いられます。

 

以下のoptionを用いた例文は、

Which option do you choose?
「あなたは、どの選択肢を選びますか。」

“限られた選択肢の中から”どれを
選びますかという質問になります。

 

choiceの例文と使い方

以下はchoiceを用いた例文ですが、

You have a lot of choices about your future.
「あなたは、将来についてたくさんの選択を持っている。」
=「あなたは、将来についてたくさんの選択肢がある。」

choiceを用いると自由に選べる中から
将来についてたくさんの選択肢がある
ということを表します。

 

以下のようにoptionを用いると、

You have some options about your future.
「あなたは、将来について幾つかの選択を持っている。」
=「あなたは、将来について幾つかの選択肢がある。」

将来についての選択肢に制限がある
ということを表します。

 

selectionの例文と使い方

以下はselectionを用いた例文ですが、

This is the best selection for me.
「これは、私にとってベストな選択です。」

selectionは選択肢の中から最適な物を
選ぶ慎重な「選択」という意味です。

 

以下の例文のように、

The singer was selected in the selection.
「その歌手は、そのセレクションで選ばれた。」

selectionは人を選ぶ時の「選択」、
「セレクション」という意味でも
用いられます。

 

以下では、「選ぶ」という意味を持つ
動詞のelect・select・choose・pickの
違いと使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
choice・option・selectionの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート