前のを英語で!former・previousの違いとbeforeの使い方

before・former・previousの違い

formerとpreviousは「前の」
という意味の形容詞として、
名詞を修飾します。

これに対し、beforeは前置詞や
接続詞として用いられます。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
before・former・previousの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

formerとpreviousの違い

formerとpreviousは共に「前の」
という意味を持っていますが、

formerは時間的に「前の」、
previousは時間・順序が「前の」と
辞書に記載されています。

formerとpreviousの違い

 

しかし、両方とも時間的に前の
という意味を持っており、

さらに「順番が前ということは
時間的に前ということでは?」と

使い分ける時に混乱します。

 

そこで、formerは「過去の」と
“時間的に前”を表す
時に用い、

previousは「1つ前の」「直前の」と
“順番が前”を表す
時に用いると覚えて
使い分けるといいようです。

 

それでは、以下に例文を用いて
formerとpreviousの使い方について
解説します。

 

formerの例文と使い方

formerは「前の」「以前の」
という意味を持っていますが、

例えば、former prime ministers
と言うと歴代の首相という意味で、

歴代の首相はたくさんいるので
prime ministersと複数形になります。

 

以下はformerを用いた例文ですが、

Mr.Koizumi is one of former prime ministers.
「小泉氏は、元首相の一人です。」

小泉氏が現在の首相より前の首相
のうちの一人であることを表します。

 

また、his former wifeは
「彼の元妻」という意味で
彼の過去の妻を表します。

 

よって、以下の例文だと、

I know his former wife.
「私は、彼の元妻を知っています。」

彼に今(再婚した)妻がいない
可能性が高いことを表します。

 

これに対し、今妻がいる場合は、
1つ前の妻ということになるので
previousを用いますがこれについては
次のpreviousのパートで解説します。

 

通常former wifeよりex-wifeを用いますが、
formerとpreviousの違いを解説するために
ここでは例として用いました。

前の妻

 

formerの発音は、以下になります。

 

previousの例文と使い方

formerのところで解説した通り、
former prime ministerが「歴代の
首相」という意味であるのに対し、

previous prime ministerと言うと
1つ前の首相だけを表します。

 

1つ前の首相は一人なので
単数になり、また特定されるので、
以下の例文のようにtheが付きます。

He is the previous prime minister.
「彼は、(1つ)前の首相です。」

 

また、以下の例文のように
his previous wifeと言うと、

I know his previous wife.
「私は、彼の前の妻を知っています。」

今の妻の“1つ前の妻”を表すので、
彼は再婚して今妻がいることになります。

 

previousに対して
以下のようにformerを用いると、

I know his former wife.
「私は、彼の元妻を知っています。」

1つ前の妻ということではなく
単に前の妻という意味になるので
彼には今妻がいないことになります。

 

previousの発音は、以下になります。

 

former・previousとbeforeの違い

formerとpreviousは形容詞で
以下のように名詞を修飾しますが、

former prime minister
「(過去の)元首相」

previous prime minister
「(1つ)前の首相」

former wife「(過去の)元妻」

previous wife「(1つ)前の妻」

 

beforeは前置詞や接続詞になり、
語と語、文と文を繋ぐ役割をします。

以下に、beforeの前置詞と接続詞
としての使い方を解説します。

before・former・previousの違い

 

beforeの前置詞としての使い方

例えば、the day before yesterdayは
「一昨日」という意味ですが、

before yesterday「昨日の前の」→
the day「(その)日」というように

前置詞のbeforeが
the dayとyesterdayを繋いでいます。

 

beforeの接続詞としての使い方

次に、以下の文でbeforeは、

I went home before it got dark.
「私は、暗くなる前に家に帰りました。」

I went homeとit got darkという
2つの文を繋いでいる接続詞です。

 

そして、before it got darkは
「暗くなる前に」→「帰りました」と、

いつ帰ったのかを表す副詞節となり
動詞のwent(home)を修飾しています。

 

このように、formerとpreviousは
形容詞で名詞の前に置きますが、

beforeは前置詞や接続詞として
語と語、文と文を繋ぐ役割をします。

 

beforeの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

before・former・previousの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート