feeling・emotion・sentiment・moodの違いを例文を用いて解説

feeling・emotion・sentimentの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
feeling・emotion・sentiment・
moodの違いと使い方を例文を
用いて解説します。

feelingとemotionの違い

feelingは外からの刺激などによって
引き起こされる具体的な感情を表し、

feelingsと複数形になると理性に対する
働きとしての感情を表します。

 

そして、

feelingとemotionには共に「感情」
「気持ち」という意味がありますが、

feelingは意識的な感情、

emotionは身体感覚に関連した
無意識な感情(情動)

と分類されることが多いようです。

 

また、

feelingsは(頭で考える)理性的な感情、

emotionは本能的に感じる強い感情

とも言えます。

 

feelingの例文と使い方

以下はfeelingを用いた例文ですが、

I know the feeling.
「(その)お気持ちは分かります。」

 

このfeeling「気持ち(感情)」は、
目の前にいる人が外界の刺激により
不快な思いをしている、という
気持ちが分かりますという意味です。

 

feelingsの例文と使い方

以下はfeelingsを用いた例文ですが、

He hurt her feelings.
「彼は、彼女の気持ちを傷つけた。」

 

このfeelings「気持ち(感情)」は、
彼の言葉や行為により彼女が理性的に
傷ついた(悲しいなどの感情が湧いた)
という意味になります。

 

emotion例文の使い方

以下はemotionを用いた例文ですが、

The weather sometimes has an effect on people’s emotion.
「天気は、時々人の感情に影響を及ぼします。」

 

天気は本能的に人の感情に影響する
ことがあることを表しています。

 

feeling・emotionとsentiment・moodの違い

feelingとemotionが悲しい、
楽しい、怒り、興奮といった
色々な感情を表すのに対し、

センチメンタルという日本語があるように
sentimentは”切ない”気持ちを表します。

 

moodは特定の要因がなく
無意識に湧き出る感情で、
日本語で「気分」や「気持ち」
と訳されることが多いです。

 

moodの例文と使い方

以下は、moodを用いた例文です。

I’m in a good mood today.
「私は、今日は気分がいい。」

He was in a bad mood yesterday.
「彼は、昨日機嫌が悪かった。」

 

sentimentの例文と使い方

sentimentにも「感情」
という意味がありますが、

「切ない」「しんみり」
「感情に影響されやすい」
といったニュアンスから、

sentimentには「情緒」「感傷」
「多感」という意味もあります。

 

以下はsentimentを用いた例文ですが、

There is no place for sentiment.
「感傷の入り込む余地はありません。」

 

「感傷のための場所はない」
という直訳が表す通り、

感傷的な気分になっている暇はない位、
何かに没頭している時に用いる文です。

 

まとめ

feeling・emotion・sentiment・
moodの意味の違いと使い方を
例文を用いて解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

before・former・previousの
意味の違いを例文を用いて解説