trunkとsuitcaseの違い!英語でトランク・スーツケースの使い方

trunkとsuitcaseの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
trunkとsuitcaseの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

trunkとsuitcaseの違い

trunkとsuitcaseは共に
大きなカバンを表しますが、

trunkは2人で持つ大型のカバン、

suitcaseは1人で持つ大型のカバン

という違いがあります。

 

trunkとsuitcaseの発音は、
それぞれ以下になります。

・trunk

・suitcase

 

それでは、以下に例文を用いて
trunkとsuitcaseの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

trunkの例文と使い方

以下はtrunkを用いた例文ですが、

I put my clothes into the trunk.
「私は、トランクに私の服を入れた。」

trunkは2人で持つ大型のカバン
を表します。

trunkの例文と使い方

 

suitcaseの例文と使い方

以下はsuitcaseを用いた例文ですが、

I carried my suitcase into the airplane.
「私は、飛行機の中にスーツケースを運んだ。」

suitcaseは1人で持つ大型のカバン
を表します

suitcaseの例文と使い方

 

trunkは昔、船旅の時代に荷物を
入れて運んでいた2人で持つような
大きなカバンで表します。

そして、飛行機で旅するようになり、
trunkが小型化されて1人で持ったり
運べるようになったものがsuitcaseです。

 

以下で、「荷物」という意味を持つ
laggageとbaggageの違いと使い方を
解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、trunkとsuitcaseの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。