offer・proposal・suggestion・propositionの違い!提案を英語で

offer・proposal・suggestion・propositionの違い

英語で「提案」という意味のoffer・
proposal・suggestion・propositionは、
以下のような違いがあります。

offer:協力や援助、値引きなど、
相手にとって良い「提案」

proposal:受け入れてもらえる
可能性が高い決議するだけの「提案」

suggestion:議論の余地がある「提案」

proposition:proposalやsuggestion
より硬い言葉でビジネス的な「提案」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
offer・proposal・suggestion・
propositionの違いと使い方
について
例文を用いて詳しく解説します。

offerとproposalの違い

offerの「提案」は、
相手にとって良いものや
相手が欲しがっているものを
提供する時に用います。

例えば、協力や援助を提案したり、
ビジネスで商品やサービスの割引き
を提案する場合などに用いられます。

 

また、オファーを出す
という言葉があるように、

offerはこちらから提案して
働きかける感じになります。

 

proposalも、積極的に働きかける
提案を表しますが、仕事の計画など、
オフィシャルな「提案」を表します。

offerとproposalの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
offerとproposalの違いと使い方
についてみていきます。

 

offerの例文と使い方

以下はofferを用いた例文ですが、

He accepted my offer to help the children.
「彼は、その子供達を助けるという
私の提案を受け入れた。」

子供達を助けるという私のオファーを
彼が受け入れたことを表します。

 

以下のofferを用いた例文は、

The offer of the discount is attractive.
「その割引の提案は、魅力的です。」

商品やサービスやの割引きを
提案する時にも用いられます。

 

offerは相手にとって良いこと
を提案して働きかけるので、

以下のようにappreciateを用いて
提案してくれた相手に「感謝する」
ということを表します。

She will appreciate the offer.
「彼女は、その提案に感謝するでしょう。」

 

その他、offerを用いた表現には、
以下のようなものがあります。

・reject an offer「提案を断る」

・decline an offer「提案を拒絶する」

・accept an offer「提案を受け入れる」

 

offerの発音は、以下になります。

 

proposalの例文と使い方

以下はproposalを用いた例文ですが、

Everyone agreed to his proposal.
「みんなが、彼の提案に同意した。」

その提案が通ることはあらかじめ
決まっている形式な会議の場合は、
このようにproposalが用いられます。

proposalの例文と使い方

 

proposalは受け入れられることが
前提の提案でよく用いられるので、

上の例文のように提案に同意する
という文でよく用いられます。

 

また、以下の例文のように、

The proposal will solve the problem of the company.
「その提案は、その会社の問題を解決するだろう。」

proposalはビジネスの場で考えや計画、
問題を解決するための積極的な提案を
する時に用いられます。

 

そして、「提案がある」という時は、
以下の例文のようにhave a proposalと
動詞はhaveを用います。

I have a proposal to increase the sales.
「私は、売り上げを増加させるための
提案があります。」

 

proposalの発音は、以下になります。

 

proposalとsuggestionの違い

proposalは、考えや計画など、
仕事やオフィシャルな場での
「提案」を表します。

また、積極的に働きかける提案、
proposalは受け入れられることが
前提の提案に用いられます。

 

そして、proposalに対して、
suggestionは控え目な提案で
議論する余地があります。

suggestionは、アイデアやアドバイス
などの個人的な「提案」という意味で
用いられます。

 

proposalはsuggestionと
比べてフォーマルな言葉で、

口語よりも文章を書く時によく
用いられる文語的な言葉です。

proposalとsuggestionの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
suggestionの使い方をproposalとの
違いと合わせてみていきます。

 

suggestionの例文と使い方

以下はsuggestionを用いた例文ですが、

She made a good suggestion to me.
「彼女は、私に良い提案をした。」

suggestionを用いると議論や検討の
余地がある提案を表します。

 

この場合、やってもやらなくてもいい
程度の弱い良い提案を私にしてくれた
ということを表します。

 

そして、「提案をする」は、
「提案を作る」という意味から
make a suggestionとなります。

 

suggestに「それとなく言う」
という意味があるように、

suggestionは「提案」を意味する
offer、proposal、propositionより
控え目なニュアンスになります。

 

以下の例文のsuggestionも、

We need to improve the suggestion.
「私達は、その提案をもっと改善する必要がある。」

まだ議論や検討の余地がある
提案を表します。

 

suggestionに対し、
以下のようにproposalを用いると、

He made a proposal to his boss.
「彼は、上司に提案をした。」

proposalを用いると承認されることが
ある程度決まっている提案を表します。

 

suggestionの発音は、以下になります。

 

proposalとpropositionの違い

proposalは、考えや計画など、
積極的に働きかける提案を表し、
受け入れられる可能性が高い
提案の時に用いられます。

 

propositionは主に商業や
ビジネスの「提案」を表し、
propositionはproposalより
広い意味で用いられます。

 

また、proposalとpropositionは
どちらもフォーマルな語ですが、
propositionのほうがproposalより
硬いニュアンスになります。

proposalとpropositionの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
proposalやsuggestionとの違い
と合わせてpropositionの使い方
についてみていきます。

 

propositionの例文と使い方

以下はpropositionを用いた例文ですが、

My boss supports my proposition.
「私の上司は、私の提案を支持している。」

私が仕事でした提案を上司が支持して
くれていることを表します。

 

ただ、propositionはかなり硬い語で
フォーマルなニュアンスになるので、
議論の余地のある軽い提案の場合は
以下のようにsuggestionを用います。

My boss supports my suggestion.
「私の上司は、私の提案を支持している。」

 

以下のpropositionを用いた例文は、

I have a proposition to increase the sales.
「私は、売り上げを増加させるための
提案があります。」

しっかり計画して書類にまとめた
ような提案があることを表します。

 

そして、propositionの代わりに
以下のようにproposalを用いると、

I have a proposal to increase the sales.
「私は、売り上げを増加させるための
提案があります。」

ほぼ承認されることが決まっている
提案になります。

 

propositionの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つoffer・
proposal・suggestion・propositionの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート