job・work・taskの違い!英語で仕事の使い方について解説

job・work・taskの違い

英語で「仕事」と似た意味
を持つjob・work・taskには、
以下のような違いがあります。

  • job:職業という意味での「仕事」
  • work:働くという意味での「仕事」
  • task:割り当てられた具体的な「仕事」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは英語で「仕事」と似た意味
を持つjob・work・taskの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

job・work・taskの違い

jobは、先生や医者など、
職業といった意味合いで、

基本的にお金が発生する
「仕事」を表します。

 

workは「働く」という意味の
動詞としても用いられますが、

そこから働くという行動という
意味での「仕事」を表します。

 

taskは、期間内に終えるべき、
または割り当てられた具体的な
作業という意味での「仕事」です。

workとtaskは、必ずしもお金が
発生する仕事ではありません。

job・work・taskの違い

 

job・work・taskの発音は、
それぞれ以下になります。

・job

・work

・task

 

それでは、以下に例文を用いて
job・work・taskの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

job・work・taskの使い方

以下はjobを用いた例文ですが、

He is looking for a job.
「彼は、仕事を探している。」

事務や営業など、jobを用いると
具体的な職業を探しているという
意味になります。

 

「~の仕事を探している」
と職業も言いたい場合には、

「~として(の)」という意味の
前置詞asの後ろに探している職業
を置いて以下のように言います。

He is looking for a job as a designer.
「彼は、デザイナーの仕事を探している。」

 

以下のようにworkを用いると、

He is looking for work.
「彼は、仕事を探している。」

例えば事務の仕事をしている中で
暇なのでコピーなど何かする仕事を
探しているという意味になります。

 

workは不可算名詞なので、
単数の時に前にaを付けたり、
複数形で後ろにsを付けません。

job・work・taskの使い方

 

taskは割り当てられる
仕事という意味なので、

以下のようにtaskを自ら探す
とはあまり言いません。

He is looking for a task.

 

「仕事を割り当てる」は、
以下のようになります。

He assigned a task to me.
「彼は、私に仕事を割り当てた。」

 

割り当てられた仕事を
たくさん抱えているという場合は、
以下のようになります。

I have a lot of tasks.
「私は、多くの仕事をかかえている。」

 

また、以下のようにworkを用いると、

I have a lot of work.
「私は、多くの仕事をかかえている。」

事務のような仕事をしている中で
コピーや書類作成など行動すべき仕事
がたくさんあることを表します。

 

しかし、以下のようにjobを用いると、

I have a lot of jobs.
「私は、多くの仕事をかかえている。」

事務をしながら営業や先生もしていると
平行してたくさんの職業をこなしている
というニュアンスになります。

 

workは「作業」という意味から、
以下のように、庭掃除など家で行う
仕事などにも用いられます。

She has a lot of work to do at home today.
「彼女は、今日家ですべき仕事
(作業)がたくさんある。」

 

「すべき仕事」と言いたい場合には、
workの後ろに不定詞の形容詞的用法
to do「~すべき」「~するための」
を付けてwork to doとなります。

 

そして、at workで「職場で」と
働いている場所を表す場合にも
workが用いられます。

He lost his pen at work yesterday.
「彼は、昨日職場でペンを失くした。」

 

仕事は何ですか?を英語で

英語で仕事を質問する

 

「あなたの仕事は何ですか。」
と話している相手に質問する時、

これは職業を聞いているので、
これまでのjobとworkの解説で
What’s your work?は少し変な感じが
するのはお分かり頂けるかと思います。

 

そうなると以下になりますが、

What’s your job?

これは文法的には合っていますが
ネイティブの感覚では「仕事何?」と
聞かれている感じでダイレクトすぎる
聞き方になってしまうようです。

 

日本人の感覚だと
What’s your job?と言いがちなので、
初対面やまだあまり親しくない方に
聞く時は注意が必要です。

 

「あなたの仕事は何ですか。」
と聞く時は、一般的に以下の
表現が用いられます。

What do you do for living?

 

この文の直訳は、

「あたなは、生きるために
何をしていますか。」ですが、

そこから「あなたの仕事は何ですか。」
という意味で用いられます。

 

また、以下も用いられますが、

What’s your profession?
「あなたの職業は何ですか。」

What do you do for living?より硬い表現で、
専門職を聞くような時に用いられます。

 

professionの他、「職業」という
意味を持つ英単語の使い方について
以下で解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、jobとworkの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を