trip・tour・travel・journeyの違いと使い方を例文を用いて解説

trip・tour・travel・journeyの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
trip・tour・travel・journeyの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

tripの意味と使い方

tripは、観光やビジネスなど、
はっきりとした目的のある旅行や
短期の旅行という意味です。

例えば、business tripで「出張」
という意味になります。

 

また、以下のように言う時は、

「(私は、)沖縄旅行を楽しんだ。」

観光などの目的を持っているので、
tripを用いて以下のようになります。

I enjoyed my trip to Okinawa.

 

to Okinawaは前置詞句で、
「沖縄への」→「旅行」と名詞の
tripを後ろから修飾しています。

 

tourの意味と使い方

tourは、観光や視察のための
周遊旅行を表します。

例えば、周遊旅行を扱っている会社は、
tour companyになります。

 

また、以下のように言う場合は、

「私は、バスツアーが好きです。」

tourを用いて以下のようになります。

I like bus tours.

 

この「バスツアー」は
鳩バスツアーのように、

出発地点から観光地を周遊して
また同じ場所に戻ってくるような
旅行になります。

 

travelの意味と使い方

travelはtripもtourも含む、
一般的な「旅行」という意味です。

 

例えば、「旅行代理店」は
travel agencyと言われることが多く、

これはtripもtourも含んで旅行全般を
扱っているという意味になります。

 

そして、travelは「旅行する」という
動詞として用いられることが多いです。

 

例えば、以下のように言う時は、

「(私は、)外国へ旅行に行きたい。」

動詞のtravelを用います。

I want to travel abroad.

※この場合はto travelと不定詞の形
(to+動詞の原形)になっています。

 

trip・tour・travelの違い

tripは観光など、はっきりとした
目的のある旅行や短期の旅行、

tourは観光や視察のための周遊旅行、

travelは「旅行」全般を表します。

 

journeyの意味と使い方

journeyは、比較的長い距離や
長い時間の旅行を表します。

そして、旅行の行程に焦点が置かれ、
名詞として用いられることが多いです。

 

以下は、例文です。

I enjoyed the journey.
「私は、その旅行を楽しんだ。」

この文だと旅行の行程を楽しんだ
というニュアンスになります。

 

travelとjourneyの違い

以下の例文のように

I enjoyed the journey.
「私は、その旅行を楽しんだ。」

 

journeyを用いると行程を楽しんだと
旅行の行程に焦点があてられますが、

travelsを用いると旅行全体を楽しんだ
というニュアンスになります。

 

travelを複数形にしたtravelsも
訪問する場所が複数ある長期的な
旅行の場合に用いられるので、
以下のように言うこともできます。

I enjoyed the travels.
「私は、その旅行を楽しんだ。」

 

まとめ

trip・tour・travel・journeyの意味
の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

want・hope・wishの違いと
使い方を例文を用いて解説