carefullyとcautiouslyの違い!英語で慎重に・注意深くの使い方

carefullyとcautiouslyの違い

関連した英単語をセットで覚えるのが、
脳科学的に記憶しやすい覚え方
です。

そこで、「慎重に」「注意深く」と似た
意味を持つcarefullyとcautiouslyの違いと
使い方
について例文を用いて解説します。

carefullyとcautiouslyの違い

carefullyとcautiouslyは
「慎重に」「注意深く」
という意味ですが、

carefullyはミスをしないように
慎重に、注意深く何かをする
と言う場合に用いられます。

 

carefullyに対しcautiouslyは、

危険や問題を避けるために
慎重に、注意深く何かをしたり
行動する場合に用いられます。

carefullyとcautiouslyの違い

 

carefullyとcautiouslyの発音は、
それぞれ以下になります。

・carefully

・cautiously

 

それでは、以下に例文を用いて
carefullyとcautiouslyの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

carefullyとcautiouslyの使い方

以下はcarefullyを用いた例文ですが、

It’s important to read the manual carefully.
「注意深くその説明書を読んでおくことは、大切です。」

何かを操作する時など、
ミスをしないように注意深く説明書を
読むことが重要であることを表します。

 

これに対し、以下の例文のように、

You should use the machine cautiously.
「あなたは、その機械を慎重に使うべきです。」

cautiouslyは危険を避けるために
慎重に、注意深く何かをするという
意味を表します。

 

このように、carefullyはミスをしない
ように注意深く、慎重に何かをする、

cautiouslyは危険や問題を避けるために
注意深く、慎重に行動するという時に
用いられます。

 

以下では、「注意深い」と似た意味を
持つcareful・cautious・watchfulの違い
と使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似て意味を持つ
carefullyとcautiouslyの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート