end・finish・be overの違い!英語で終わるの使い方を解説

get・reach・arriveの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは「終わる」と似た意味の
end・finish・be overの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

end・finish・be overの違い

end・finish・be overは全て
「終わる」という意味ですが、
以下のような違いがあります。

 

まず、endは「結末」や「最後」、
行きつくところという意味から、

行われていたことが「終わる」
という意味を表します。

 

次に、finishはある目的のために
行った行動が完了して「終わる」
という意味になります。

 

そして、be overはもとの
「明ける」という意味から、

「終わる」という意味でも
用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
end・finish・be overの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

endの例文と使い方

以下はendを用いた例文ですが、

The meeting ended at 5 p.m.
「その会議は、午後5時に終わりました。」

行われていた会議が午後5時に
終わったことを表します。

endの例文と使い方

 

このように、endは行われていたことが
「終わる」という意味を表します。

また、「最後」という意味があることから、
endには出来事やある一定の期間が「終わる」
という意味もあります。

 

よって、以下の例文のように、

Summer vacation ended yesterday.
「昨日、夏休みが終わりました。」

夏休みが終わったという場合にも
endが用いられます。

 

endの過去形と過去分詞はendedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

finishの例文と使い方

以下はfinishを用いた例文ですが、

I will finish the work today.
「私は、今日その仕事を終えるつもりです。」

ある目的のために始めた仕事を今日
完了するつもりであることを表します。

finishの例文と使い方

 

このように、finishはある目的のために
行った行動が完了して「終わる」という
意味になります。

 

また、以下のfinishを用いた例文は、

The meeting finished at 5 p.m.
「その会議は、午後5時に終わりました。」

ある目的のために開かれた会議が
その目的が成し遂げられて午後5時に
終わったということを表します。

 

単に会議が終わったという場合は、
以下のようにendが用いられます。

The meeting ended at 5 p.m.

 

finishの過去形と過去分詞はfinishedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

be overの例文と使い方

以下はbe overを用いた例文ですが、

The baseball game was over.
「その野球試合は、終わった。」

be overを用いるとその野球試合が
完全に終わってもうそれ以上はない
というニュアンスになります。

be overの例文と使い方

 

そして、以下の例文のように
「会議が終わる」にbe overを用いると

The meeting was over at 5 p.m.
「その会議は、午後5時に終わりました。」

その会議は完全に終わって続きはない
ということを表します

 

また、be overは以下のように、
何か嫌なことが終わるという場合に
よく用いられます。

The war was over.
「戦争が、終わった。」

The crisis will be over next year.
「その危機は、来年終わるだろう。」

 

be overの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、end・finish・be overの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート