fast・quickly・rapidly・earlyの違い!英語で速く&早くの使い方

fast・quickly・rapidly・earlyの違いと使い方

英語で「速く」「早く」という意味の
fast・quickly・rapidly・promptly・early
には、以下のような違いがあります。

  • fast:人や物の移動の速度が「速く」
  • quickly:動作や理解などが瞬間的に「速く」
  • rapidly:quicklyより短時間に起こり「急速に」
  • promptly:反応が速いという意味で「素早く」
  • early:早い時間帯にという意味での「早く」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
fast・quickly・rapidly・promptly・earlyの
違いと使い方
について例文を用いて解説します。

fast・quickly・rapidlyの違い

fastとquicklyは共に「速く」
という意味の副詞ですが、

fastは速度が速いことを表し、

quicklyは行動や変化が迅速に
行われることを表します。

 

quicklyは、「素早く」という
意味でも用いられます。

fast・quickly・rapidlyの違い

 

そして、rapidlyは「速く」と
quicklyと意味は似ていますが、

quicklyより速い感じを表し、
rapidlyは「迅速に」「急速に」
という意味になります。

 

fast・quickly・rapidlyの発音は、
それぞれ以下になります。

・fast

・quickly

・rapidly

 

それでは、以下に例文を用いて
fast・quickly・rapidlyの違いと
使い方についてみていきます。

 

fastの例文と使い方

fastは人や物が高速であることを表し、
人が速く動く場合や車が速く走る場合
などに使われます。

 

以下はfastを用いた例文ですが、

He can run fast.
「彼は、速く走ることができる。」

彼の走る速度が速いという
ことを表します。

 

以下もfastを用いた例文ですが、

The cheetah runs fast

fastは動物や物が速く動くことを
表す場合にも用いられます。

 

そして、以下の例文のように、

You mustn’t drive so fast.
「あなたは、そんなに速く
運転してはいけない。」

so fastで「そんなに速く」
という意味になります。

 

soは「そんなに」という意味で、
fastを強調しています。

 

quicklyの例文と使い方

quicklyは行動や変化が
迅速に行われる様子を表し、

人が素早く動く場合や物事が
迅速に進む場合に使われます。

 

以下はquicklyを用いた例文ですが、

He finished the work quickly.
「彼は、その仕事を素早く終えた。」

動作を素早くするという場合は
quicklyを用います。

 

以下もquicklyを用いた例文ですが、

The children grew up very quickly.
「その子供は、とても速く成長した。」

quicklyは「速く」という意味でも
用いられます。

 

そして、以下の例文のように、

The children grew up very fast.

成長速度が速いという意味で、
fastを用いることができます。

 

このように、quicklyはfastの
意味も含んでいます。

 

rapidlyの例文と使い方

rapidlyは、何かが非常に速い
スピードで行われることを表し、

変化や成長が急速に進む場合や
物事が素早く発展する場合に
使われます。

 

以下はrapidlyを用いた例文ですが、

The sales of our company increase rapidly.
「我が社の売り上げは、急速に増加した。」

rapidlyは「急速に」という意味で
quicklyより速いスピードで変化や
成長したことを表します。

 

以下では、rapidlyと似た意味を持つ、
rapid・rapidity・rapidnessの違いと
使い方について解説しています。

 

early・quickly・promptlyの違い

quickly「素早く」は動作などが
瞬間的に速いという意味を表し、

earlyは早い時間帯を表し「早く」
という意味で用いられます。

 

promptlyは「迅速に」「素速く」
という意味で、何かに対する反応が
速いことを表します。

early・quickly・promptlyの違い

 

そして、promptlyは一般的に
予定や期限に対して用いられ、

時間を守るために遅れることなく
迅速に行動することを表す場合に
よく用いられます。

 

earlyとpromptlyの発音は、
それぞれ以下になります。

・early

・promptly

 

それでは、以下に例文を用いて
quicklyとの違いと合わせてearlyと
promptlyの使い方を解説します。

 

earlyの例文と使い方

以下はearlyを用いた例文ですが、

She gets up early everyday.
「彼女は、毎日早く起きる。」

彼女が早い時間に起きるという
ことを表します。

 

また、以下のearlyを用いた例文も、

You should go there early.
「あなたは、早くそこへ行くべきだ。」

早い時間にそこへ行ったほうがいい
ということを表しています。

 

以下のようにquicklyを用いると、

You should go there quickly.
「あなたは、すぐにそこへ行くべきだ。」

単に早い時間帯にというより
できるだけ早く(すぐに)そこへ
行くべきだという意味になります。

 

promptlyの例文と使い方

以下はpromptlyを用いた例文ですが、

The stuff answered the customer’s question promptly.
「そのスタッフは、顧客の質問に迅速に回答した。」

promptly「迅速に」は何かの行動に
対しての対応が素早いという意味で
用いられます。

 

以下のようにquicklyを用いても
似たような意味になりますが、

The stuff answered the customer’s question quickly.
「そのスタッフは、顧客の質問に素早く回答した。」

promptlyのほうが時間を守るために
迅速に行動することを強調する感じ
になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つ副詞fast・
quickly・rapidly・promptly・earlyの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では「速い」と似た意味を持つ形容詞、
fast・quick・rapid・swift・speedyの違いと
使い方について例文を用いて解説しています。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

e-book 無料プレゼント