英語で日付の書き方・読み方は?年月日や曜日も徹底解説

英語の日付・年月日の書き方と読み方

英語で日付を書く時、
年月日の順番をどうしたらよいか
迷うことがあると思います。

そこで、英語の日付の書き方
(国別の年月日の順番)
について
以下に例を用いて解説します。

 

アメリカ、イギリス、その他の国と
国によって異なる日付の書き方から
フォーマル、カジュアルな書き方、

西暦や月日、曜日の書き方や読み方、
西暦・月・日・曜日に付ける前置詞
についても詳しく説明します。

英語で日付の書き方の基本

まず、基本的な英語の日付の書き方
について例文を用いて解説します。

 

国で違う年月日の順番

英語の日付の書き方は、
アメリカとイギリスで異なり
以下の順番で書きます。

アメリカ:月→日→年
イギリス:日→月→年

 

以下では2020年1月18日を例にして、
アメリカ、イギリスとその他の国の
英語の日付の書き方(年月日の順番)
についてみていきます。

また、ビジネスシーンで用いる
フォーマルなシチュエーションと、
カジュアルなシチュエーションの
日付の書き方についても説明します。

 

アメリカの日付の書き方

アメリカの年月日の順番

 

アメリカの日付の書き方は、
以下のように月→日→年の
順番になります。

1/18/2020

1-18-2020

スラッシュやハイフンで区切ると、
カジュアルな書き方になります。

 

以下のように、月を英語で書くと
ビジネスシーンなどで用いられる
フォーマルな書き方になります。

January 18th, 2020

日にちの後ろにカンマを付けます。

 

日にちの部分はthを付けずに、
以下のように数字のみでもOKです。

January 18, 2020

 

月と日を数字で記載すると
月と日の区別がつきにくいため、

個人の日記や個人的なメモ以外は
月を英語で記載するフォーマルな
書き方をしたほうが無難です。

 

日付に曜日も付けたい場合は、
以下のように一番左に入れて
曜日の後ろにカンマを付けます。

Thursday, January 18th, 2020

 

逆に、以下のように年を省いた
日付の書き方もあります。

January 18thまたはJanuary 18

 

曜日や月をThu.やJan.のように、
最初の3文字+ピリオド「.」という
日付の書き方もあります。

Thu. Jan. 18th 2020

 

イギリスの日付の書き方

イギリスの年月日の順番

 

イギリスの日付の書き方は、
以下のように日→月→年の
順番になります。

18/1/2020

18-1-2020

スラッシュやハイフンで区切ると、
カジュアルな書き方になります。

 

以下のように、月を英語で書くと
ビジネスシーンなどで用いられる
フォーマルな書き方になります。

18th January 2020

アメリカでは日にちの後ろに
カンマ「,」を付けましたが、
イギリスはカンマを付けません。

 

日にちの部分はthを付けずに、
以下のように数字のみでもOKです。

18 January 2020

 

日付に曜日も付けたい場合は、
以下のように一番左に入れます。

Thursday, 18th January 2020

 

逆に、以下のように年を省いた
日付の書き方もあります。

18th Januaryまたは18 January

 

曜日や月をThu.やJan.のように、
最初の3文字+ピリオド「.」という
日付の書き方もあります。

Thu. 5th Jan. 2020

 

その他の国の日付の書き方

日付の書き方(順番)は、
月→日→年のアメリカ式と
日→月→年のイギリス式が
あることを解説しましたが、

オーストラリア、ヨーロッパ、
北アフリカ、南アメリカなど、
世界の多くの国ではイギリス式の
順番で年月日は記載されます。

 

カナダの日付は、月→日→年、
日→月→年、年→月→日という
3つの書き方があるようです。

 

以下では、日付を書く時に使う
西暦と月日の書き方と読み方を
詳しくみていきます。

 

英語で西暦の書き方と読み方

日付を書く時の西暦の書き方は、
1995年は1995、1906年は1906、
2008年は2008、2019年は2019と
数字を並べるだけです。

 

それでは、読み方をそれぞれ
以下に解説していきます。

▶を押すと、発音が聞けます。

 

まず、1995のように0以外の
数字が4つ並んでいる場合は、

Nineteen ninety-fiveのように
前の2桁(19)と後の2桁(95)
を分けて言います。

 

次に、1906年のように
最後の2桁が01~09の場合は
Nineteen 0(オー) sevenと
ゼロをオーと言います。

 

そして、2000年は
two thousandと言うので、

 

2008のように2001年以降は
two thousand eightのように
two thousand+数字になります。

 

よって、2019年はtwo thousand 
nineteenと発音します。

 

そして、2020年はtwo thousand
twentyと発音します。

 

英語で月の書き方と読み方

以下に、英語で月の書き方について
1月から12月まで解説します。

()内は月の省略表記ですが、
最初の3文字+ピリオドになります。

5月はMayで最初から3文字なので、
省略表記はありません。

 

1月:January(Jan.)

2月:February(Feb.)

3月:March(Mar.)

4月:April(Apr.)

5月:May

6月:June(Jun.)

7月:July(Jul.)

8月:August(Aug.)

9月:September(Sep.)

10月:October(Oct.)

11月:November(Nov.)

12月:December(Dec.)

 

以下の▶ボタンを押すと、
1月から12月までの
読み方を確認できます。

 

英語で日の書き方と読み方

以下に、英語で1日から31日まで、
日にちの書き方を記載します。

 

まず、1日から10日の書き方ですが、
1日はfirst、2日はsecond、3日はthirdで、
4日から10日は数字にthを付けます。

 

1日:1st(first)

2日:2nd(second)

3日:3rd(third)

4日:4th(fourth)

5日:5th(fifth)

6日:6th(sixth)

7日:7th(seventh)

8日:8th(eighth)

9日:9th(ninth)

10日:10th(tenth)

 

以下の▶ボタンを押すと、
1日から10日の読み方(発音)
を確認することができます。

 

次に、11日から20日の書き方は、
eleventhのように数字にthを付けます。

ただ、12日はtwelveにthを付けると、
twelfthになります。

 

11日:11th(eleventh)

12日:12th(twelfth)

13日:13th(thirteenth)

14日:14th(fourteenth)

15日:15th(fifteenth)

16日:16th(sixteenth)

17日:17th(seventeenth)

18日:18th(eighteenth)

19日:19th(nineteenth)

20日:20th(twentieth)

 

以下の▶ボタンを押すと、
11日から20日の読み方(発音)
を確認することができます。

 

21日から29日は、
20を表すtwentyに1日(first)~
9日(ninth)を付けます。

そして、30日はthirtieth、
31日は30を表すthirtyに1日を表す
firstを付けてthirty firstとなります。

 

21日:21st(twenty first)

22日:22nd(twenty second)

23日:23rd(twenty third)

24日:24th(twenty fourth)

25日:25th(twenty fifth)

26日:26th(twenty sixth)

27日:27th(twenty seventh)

28日:28th(twenty eighth)

29日:29th(twenty ninth)

30日:30th(thirtieth)

31日:31st(thirty first)

 

以下の▶ボタンを押すと、
21日から31日読み方(発音)
を確認することができます。

 

英語で曜日の書き方と読み方

英語で曜日の書き方と読み方は、
以下のようになります。

()内は曜日の省略表記ですが、
最初の3文字+ピリオドになります。

 

月曜日:Monday(Mon.)

火曜日:Tuesday(Tue.)

水曜日:Wednesday(Wed.)

木曜日:Thursday(Thu.)

金曜日:Friday(Fri.)

土曜日:Saturday(Sat.)

日曜日:Sunday(Sun.)

 

以下の▶ボタンを押すと、
曜日の読み方を確認できます。

 

年月日・曜日に付ける前置詞

ここでは、年月日や曜日に付ける
前置詞について解説します。

 

まず、西暦や月に付ける前置詞は
以下のようにinになります。

in 1985
in 2010

in May
in August
in December

 

以下は、例文です。

He was born in 1985.
「彼は、1985年に生まれた。」

I went to Paris in 2010.
「私は、2010年にパリへ行った。」

We will go on a trip in August.
「私達は、8月に旅行へ行くつもりです。」

 

以下のように、in 月 西暦という
書き方をすることもあります。

She came to this town in May 1990.
「彼女は、1990年の5月にこの町に来た。」

 

以下のように、月と西暦の間に
ofを入れて表すこともできます。

She came to this town in May of 1990.

前置詞のofは、A of Bで「BのA」
という意味になります。

 

次に、日にちや曜日に付ける前置詞は、
以下のようにonになります。

on 7th
on 23rd
on 31st

on Monday
on Wednesday
on Thursday

 

よって、年月日の日付には
以下のようにonを付けます。

・アメリカ式

on January 18, 2020

・イギリス式

on 18 January, 2020

 

ただ、前置詞を付ける場合は、
日にちにthを付けないことが
多いようです。

 

以下は、例文です。

The accident happened on January 18, 2020.
The accident happened on 18 January, 2020.
「その事件は、2020年1月18日に起きた。」

 

以下のように曜日を入れても、
前置詞はonを用います。

on Thursday, January 18, 2020

ただ、曜日まで入れた書き方は
あまり見かけません。

 

また、英会話をしている時に
月と日にちだけを言う場合、
以下のように言います。

on January 18th

 

月と日の順番を入れ替えて、
以下のように日にちと月の間に
ofを入れる言い方もあります。

on 18th of January

 

以下は、例文です。

The event is held on January 18th.
The event is held on 18th of January.
「そのイベントは、1月18日に開催されます。」

 

また、時間(時刻)を入れる場合は、
以下のように前置詞atを用います。

The event starts at 10 a.m. on January 18th.
「そのイベントは、1月18日の
午前10時に始まります。」

 

英語では20時という言い方はせず、
以下のように午後8時と言います。

The event finishes at 8 p.m.
「そのイベントは、午後8時に終わります。」

 

ここでは、英語の日付の書き方
について解説してきましたが、
日付の書き方を身につけるために
お勧めなのが日記を書くことです。

 

日付の書き方をマスターする

英語の日付をマスターするために、
英語日記を書いてみましょう。

英語日記を書く時に日付を書くと、
自然に日付の書き方が身につける
ことができるのでお勧めです。

 

以下で、効果的な英語日記の書き方や
英会話に役立つ英語表現が載っている
フレーズ集を紹介しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート