deliberately・intentionally・on purposeの違い!故意にを英語で

deliberately・intentionally・on purposeの違い

英語で「故意に」「わざと」という意味の
deliberately・intentionally・on purposeは、
以下のような違いがあります。

deliberately

時間をかけて計画して「故意に」
「わざと」何かをする時に用いる

intentionally

「故意に」「わざと」という意味で
最もフォーマルな表現

on purpose

「故意に」「わざと」という意味で
よく用いられるカジュアルな表現

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
deliberately・intentionally・on purpose
の違いと使い方について例文を用いて
以下に詳しく解説します。

on purposeの意味と使い方

on purposeはカジュアルな表現で、
「故意に」「わざと」という意味で
最も一般的によく用いられます。

 

on purposeの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
on purposeの使い方をみていきます。

 

以下の例文は、

He pretended to be forget it on purpose.
「彼は、わざとそれを忘れたふりをした」

何か都合が悪いことがあり
わざとそれを忘れたふりをした
という意味になります。

 

on purposeは副詞なので、
以下のyesterdayなどと同じように
文末に置かれます。

He pretended to be forget it yesterday.
「彼は、昨日それを忘れたふりをした」

 

以下の例文は、

She didn’t do it on purpose.
「彼女は、わざとそれをしたわけじゃない。」

彼女は故意にしたわけではないから
許してあげなよというような状況で
用いられます。

 

deliberatelyとintentionallyも
on purposeと同じように、

「故意に」「わざと」
という意味を持っていますが、
使われる状況が異なります。

 

deliberatelyとintentionallyの違い

deliberatelyとintentionallyは
共に「故意に」「わざと」
という意味を持っていますが、

deliberatelyは時間をかけて
計画して「故意に」「わざと」
何かを行う時に用いられます。

 

よって、deliberatelyには
「計画的に」という意味
もあります。

 

これに対し、intentionallyは
時間をかけるとかは関係なく
「故意に」「わざと」何かを
行うという意味で用いられます。

 

deliberatelyとintentionallyの発音は、
それぞれ以下になります。

・deliberately

・intentionally

 

それでは、以下に例文を用いて
deliberatelyとintentionallyの違いと
使い方についてみていきます。

 

deliberatelyの例文と使い方

以下はdeliberatelyを用いた例文ですが、

He pretended to be forget deliberately.
「彼は、わざと忘れたふりをした。」

彼は時間をかけて計画的にわざと忘れた
ふりをしたということを表します。

 

普通に「わざと忘れたふりをした」
という場合には、以下のように
on purposeを用います。

He pretended to be forget on purpose.

 

そして、フォーマルな状況では、
intentionallyが用いられます。

 

intentionallyの例文と使い方

以下はintentionallyを用いた例文ですが、

He pretended to be forget intentionally.
「彼は、わざと忘れたふりをした。」

わざと忘れたふりをしたという意味で
intentionallyはon purposeやdeliberately
よりフォーマルな状況で用いられます。

 

時間をかけて計画的にわざと忘れた
ふりをした場合には、以下のように
deliberatelyを用います。

He pretended to be forget deliberately.

 

そして、カジュアルな状況では
以下のようにon purposeが最も
よく用いられます。

He pretended to be forget on purpose.

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似ている意味を持つ
deliberately・intentionally・on purpose
の違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート