signify・significant・significance・significationの違いと覚え方

signifyの覚え方

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

効率の良いsignifyの覚え方
関連した英単語をセットにして
覚えることです。

 

そこで、signifyに関連したsignificant・
significance・signification・significantly
といった英単語を一緒に覚えることが
効果的なsignifyの覚え方になります。

 

まだ、英文も関連付けて覚えると
さらに単語を覚えやすくなる
ので、
ここではこれら英単語の意味について
例文を用いて解説します。

 

※解説の中で、Uは数えられない名詞、
複数形のsを付けない名詞を表します。

また、他動詞とは目的語をとる動詞、
自動詞とは目的語をとらない動詞です。

signifyの意味と使い方

signifyは他動詞で、
以下の意味があります。

 

1.(人が事)を(合図・言動で)示す、
…だと[…かを](人に)表明する<show>
<SV (to O) that節またはwh節>

 

以下は、「表明する」という意味の
signifyを用いた例文です。

I signified to my parents that I would study abroad.
「私は、留学することを両親に表明した。」

 

2.(態度などが)(事)を意味する、
…であることを(…かを)意味する<mean>
<SV that節またはwh節>

 

以下は、「意味する」という意味の
signifyを用いた例文です。

It signified that he told the truth.
「それは、彼が真実を言っていることを意味した。」

 

以下では「意味する」という意味を持つ、
meanとsignifyの違いを解説しています。

 

3.…のしるし[前兆]である

 

※signifyには、自動詞として
以下の意味もあります。

1.(合図・言動で)知らせる

 

2.(否定・疑問文で)重要である<matter>

 

以下は、「重要である」という意味の
signifyを用いた例文です。

His opinion doesn’t signify.
「彼の意見は、重要ではない。」

 

signifyの発音は、以下になります。

 

significantの意味と使い方

significantは形容詞で、
以下の意味があります。

 

1.(物・事が)(…にとって)
重大な、重要な<important>
…することが[であることが]重要だ
<⇔insignificant><it is ~ to do / that節>

 

以下は、「重要な」という意味の
significantを用いた例文です。

I will take a very significant exam tomorrow.
「私は、明日非常に重要な試験を受けます。」

 

以下では「重要な」という意味を持つ、
vital・crucial・essential・important・
significantの違いを解説しています。

 

2.意味のある、意味ありげな<suggestive>、
(…を)意味する、表す<expressive>

 

以下は、「意味のある」という意味の
significantを用いた例文です。

It’s a significant suggestion.
「それは、意味のある提案です。」

 

3.(数・量が)かなりの、相当数の

 

significantの発音は、以下になります。

 

※significativeも形容詞で、
「意味を表す」「意味ありげな」
という意味があります。

 

significativeの発音は、以下になります。

 

☆signify→significativeのように、
動詞にtiveが付くと形容詞になることが
よくあります。

例)compete[競争する]→competitive[競争による]

 

significanceの意味と使い方

significanceは名詞で、
以下の意味があります。

 

1.意義、意味<meaning>、
意味ありげなこと

 

2.重要性、重大さ
<importanceより堅い語>

 

以下は、「重要性」という意味の
significanceを用いた例文です。

He noticed the significance of the problem.
「彼は、その問題の重要性に気づいた。」

 

significanceの発音は、以下になります。

 

☆signify→significanceのように、
動詞にanceが付くと名詞になることが
よくあります。

例)attend「出席する」→attendance「出席」

 

significationの意味と使い方

significationは名詞[U]で、
「意味」や「(語)の意義」
という意味があります。

 

以下は、「意味」という意味の
significationを用いた例文です。

Please tell me the signification of Chinese characters.
「その漢字の意味を教えて下さい。」

 

significationの発音は、以下になります。

 

※signify→significationのように、
動詞にtionが付くと名詞になることが
よくあります。

例)compete[競争する]→competition[競争]

 

significantlyの意味と使い方

significantlyは副詞で、
以下の意味があります。

 

1.意味深く、意味ありげに

 

以下は、「意味ありげに」という意味の
significantlyを用いた例文です。

She looked at me significantly.
「彼女は、意味ありげに私を見た。」

 

2.はっきりと、いちじるしく

 

以下は、「いちじるしく」という意味の
significantlyを用いた例文です。

The sales of the product improved significantly.
「その商品の売上は、いちじるしく改善した。」

 

3.(後から考えて)意味深いことに(は)

 

前の文を受けて(文修飾後)、
more [most] significantlyで
「さらに[最も]重要なことは」
という意味になります。

 

以下は、例文です。

We solved the problem.
More significantly,
our customers were pleased.
「私達は、その問題を解決した。
さらに重要なことは、
私達の顧客が喜んでくれたことだ。」

 

significantlyの発音は、以下になります。

 

☆significant→significantlyのように、
形容詞にlyが付くと副詞になることが
よくあります。

例)apparent[明らかな]→apparently[明らかに]

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、効率の良いsignifyの
覚え方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

関連性のある英単語を一緒に覚えると
効率よく記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート