totally・perfectly・completely・altogetherの違いと覚え方

totally・perfectly・completely・altogetherの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは「完全に」と似た意味の
totally・perfectly・completely・
altogetherの違いと使い方
について
例文を用いて解説します。

totallyとcompletelyの違い

totallyとcompletelyは共に
「完全に」という意味では、
ほぼ同じように用いられます。

ただし、totallyのほうが
フォーマルなニュアンスで
一般的にcompletelyがよく
用いられるようです。

 

また、totallyはスラングで、
「まじで」や「めっちゃ」
という意味でも使われます。

 

totallyとcompletelyの発音は、
それぞれ以下になります。

・totally

・completely

それでは、以下に例文を用いて
totallyとcompletelyの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

totallyとcompletelyの使い方

以下はcompletelyを用いた例文ですが、

I completely agree with you.
「私は、あなたに大賛成です。」

この英文の直訳は「私は、完全に
あなたに賛成です。」となりますが、

日本語として少しかたい感じがするので
「私は、あなたに大賛成です。」という
意味で用いられます。

 

そして、以下のようにtotallyを用いると、
completelyよりフォーマルなニュアンス
になります。

I totally agree with you.
「私は、あなたに大賛成です。」

totallyとcompletelyの違い

 

また、totallyはスラングで、
「まじで」や「めっちゃ」
という意味でも使われます。

This is totally hot.
「これは、まじで熱い。」

She totally like it.
「彼女は、めっちゃそれが好きです。」

 

totallyとcompletelyを置く位置は、
通常、一般動詞の前、be動詞の後ろ
になります。

助動詞がある時は、助動詞の後ろに
置かれます。

It may be totally/completely wrong.
「それは、完全に間違っているかもしれない。」

 

perfectlyとcompletelyの違い

perfectlyとcompletelyも、
「完全に」という意味で
同じように使うこともできますが、
以下のように状況によって使い分け
が必要になる場合もあります。

 

perfectlyは、perfectの
「完全な」という意味から、
欠点がないという意味での
「完全に」を表します。

これに対し、completelyは、
いっぱいに満たすという意味での
「完全に」という意味を表します。

 

それでは、以下に例文を用いて
perfectlyとcompletelyの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

perfectlyとcompletelyの使い方

以下はperfectlyを用いた例文ですが、

He perfectly did the work.
「彼は、完璧にその仕事をした。」

彼が欠点ないほど「完全に」その仕事
をしたという意味になります。

 

以下はcompletelyを用いた例文ですが、

The hotel is completely booked.
「そのホテルは、完全に予約が埋まっている。」

be bookedの直訳は「予約されている」
となりますが日本語として不自然なので
「予約が埋まっている」としました。

perfectlyとcompletelyの違い

 

このように、perfectlyは欠点がなく
完璧にという意味での「完全に」を、

completelyはいっぱいに満たされている
という意味での「完全に」を表します。

 

そして、以下の2つの例文のように、
同じ意味で用いられることもあります。

He perfectly noticed her lie.
He completely noticed her lie.
「彼は、彼女の嘘に完全に気づいた。」

 

また、以下のようにtotallyを用いると
フォーマルなニュアンスになります。

He totally noticed her lie.

 

この場合、「完全に」という意味で
totally・perfectly・completelyの中で
completelyが最もよく用いられます。

 

perfectlyの発音は、以下になります。

 

altogetherとcompletelyの違い

altogetherとcompletelyは、
「完全に」という意味では
同じように用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
altogetherとcompletelyの使い方
について詳しくみてみます。

 

altogetherとcompletelyの使い方

以下はaltogetherを用いた例文ですが、

They did the same thing
but got altogether different results.
「彼らは同じことをしたけど、
全く(完全に)異なる結果を得た。」

 

以下のようにaltogetherをcompletelyに
置き換えても同じ意味になります。

They did the same thing
but got completely different results.
「彼らは同じことをしたけど、
全く(完全に)異なる結果を得た。」

 

altogetherの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「完全に」と似たを持つ
totally・perfectly・completely・altogether
の違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート