each otherとone anotherの違い!英語でお互いの使い方

each otherとone anotherの違い

英語で「お互い(に)」を表す
each otherとone anotherは、

日本語に訳すと同じ意味なので
どのように使い分けたらいいのか?
いまいち分かりにくいと思います。

 

そこで、ここでは例文を用いて
each otherとone anotherの違いと
使い方
について解説します。

each otherとone anotherの違い

each otherは2人・2つ
に対して「お互い(に)」、

one anotherは3人・3つ以上
に対して「お互い」という時に
用いられると言われます。

 

ただ、each otherが3人や3つ以上
に対して用いられることがあったり、

one anotherが2人や2つに対して
用いられることもあるようです。

 

そして、特定の人の場合はeach other、
一般的な人の場合にはone anotherが
用いられる傾向にあるようです。

each otherとone anotherの使い方

 

each otherとone anotherの発音は、
それぞれ以下になります。

・each other

・one another

 

それでは、以下に例文を用いて
each otherとone anotherの使い方
についてみていきます。

 

each otherとone anotherの使い方

以下はeach otherを用いた例文ですが、

Two boys exchanged their books each other.
「2人の少年は、お互いに本を交換した。」

一般的にeach otherは2人や2つの間で
「お互いに」という場合に用いられます。

 

ただ、以下の例文ように、

Two boys exchanged their books one another.
「2人の少年は、お互いに本を交換した。」

最近では、2人や2つの間で
「お互いに」という場合にも
one anotherが用いられます。

 

以下はone anotherを用いた例文ですが、

Three men helped one another.
「3人の男性は、お互いに助け合った。」

一般的にone anotherは3人や3つの間で
「お互いに」という場合に用いられます。

 

ただ、以下の例文ように、

Three men helped each other.
「3人の男性は、お互いに助け合った。」

最近では、3人や3つの間で
「お互いに」という場合にも
each otherが用いられます。

 

よって、each otherとone anotherを
数で使い分ける必要はありませんが、

特定の人の場合はeach otherを用い、
一般的な人の場合にはone anotherが
用いられる傾向にあります。

 

ただ、使い分けが難しい場合、

まずは「お互いに」という時は
each otherを用いるようにして、

慣れたらone anotherと使い分ける
ようにするのがよいと思います。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、each otherとone anotherの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート