each yearとevery yearの違い!英語で「毎年」の使い方と覚え方

each yearとevery yearの違い

英語で「毎年」を表す
each yearとevery yearは、
ニュアンスが違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
each yearとevery yearの違いと
使い方
について解説します。

each yearとevery yearの違い

eachは2つ以上の人や物を
個別に考える時に用いられ、

everyは人や物を1つのグループと考え
全体をイメージして個別に見るという
ニュアンスの違いがあります。

 

このことから、each yearは
全体をイメージするのではなく、

1年1年と個別に見ていくような
ニュアンスで「毎年」という意味
になります。

 

そして、each yearが一定の期間で
「毎年」という意味を表すのに対し、

every yearは期間が定まっていない
長い期間をイメージして「毎年」
という意味になります。

each yearとevery yearの違い

 

each yearとevery yearの発音は、
それぞれ以下になります。

・each year

・every year

 

それでは、以下に例文を用いて
each yearとevery yearの違いと
使い方についてみていきます。

 

each yearとevery yearの使い方

以下はeach yearを用いた例文ですが、

My salary increased each year in the past three years.
「私の給料は、過去3年間、毎年増えました。」

eachを用いると1年1年と個別に見て
増えたというニュアンスになります。

 

以下はevery yearを用いた例文ですが、

My salary increases every year.
「私の給料は、毎年増えています。」

everyを用いると期間が定まっていない
長い期間をイメージして毎年増えている
というニュアンスになります。

 

このように、each yearが一定期間で
「毎年」という意味を表すのに対し、

every yearは長い期間をイメージして
「毎年」という意味で用いられます。

 

「毎年」と似た意味で用いられる
yearly、annually、every yearの違い
については、以下で解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つ
each yearとevery yearの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を