by・till・untilの違いと使い分け!前置詞の覚え方を解説

by・till・untilの違い

イメージと合わせて覚えると、
英語の前置詞は意味と使い方を
早く覚えることができます。

 

そこで、ここでは図と例文を用いて
by・till・untilの違いや使い分け方
について詳しく解説します。

by・till・untilの意味の違い

まずは、by・till・untilの意味
の違いから解説します。

 

byは「~までに」と期限を表し、

tillとuntillは「~まで」と継続を
表します。

 

tillとuntillの意味は同じですが、

tillはカジュアルなニュアンスで
日常会話などでよく用いられ、

untilはフォーマルなニュアンスで
ビジネスなどで用いられます。

 

そして、by・till・untilの発音は、
それぞれ以下になります。

・by

・till

・until

 

それでは、以下にby・till・untilの使い方
の違いについて例文を用いて解説します。

 

by・till・untilの使い分け方

ここでは、by・till・untilの使い分け
について例文を用いて解説しますが、

イメージと合わせると記憶しやすいので、
以下の図を頭に入れてから解説を読むと
より早く使い方を覚えることができます。

by・till・untilの使い分け

byの例文と使い方

以下はbyを用いた例文ですが、

I have to finish the work by 5 p.m.
「私は、午後5時までにその仕事を終えなければならない。」

byは「~までに」と期限を表し、
午後5時という“期限までのどこかで”
仕事を終えればいいことになります。

 

そして、byが期限を表すのに対して
tillとuntillは「~まで」と継続を表し、

tillは日常会話などカジュアルな場面で、
untilはビジネスなどフォーマな場面で
よく用いられます。

 

till・untilの例文と使い方

以下はtillを用いた例文ですが、

She will keep walking till 5 p.m.
「彼女は、午後5時まで歩き続けるだろう。」

午後5時まで歩くことを続けると
tillは「~まで」と継続を表します。

 

tillはカジュアルな場面で用いられ、
untilは以下のようにビジネスシーンなど
フォーマルな場面で用いられます。

I will work until 5 p.m.
「私は、午後5時まで働くつもりです。」

 

この例文は、午後5時まで仕事を続けると、
untilは「~まで」と継続を表します。

 

以下の例文のように、tillとuntilの後ろに
文章が置かれることもあります。

He was watching TV till his mother came home.
「母親が帰ってくるまで、彼はテレビを観ていた。」

I will do my work until his boss calls me.
「上司が私を呼ぶまで、私は自分の仕事をするつもりです。」

 

時制も、現在形、過去形、未来形の他、
以下のように過去完了形や未来完了形の
継続の文でも用いられます。

She had lived in Japan till she moved to Paris.
「彼女はパリに引っ越すまで、日本に住んでいました。」

I will have played tennis till I graduate from university.
「私は大学を卒業するまで、テニスをし続けるつもりです。」

 

以下では、前置詞for・until・beforeの
違いと使い方について解説しています。

 

効果的な前置詞の覚え方

記憶には、学習して覚える知識記憶と
経験して覚える経験記憶がありますが、

知識記憶と比べて経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

 

そこで、学んだ知識は実際に使って
経験すると早く使えるようになるので、

by・till・untilを使い英文を作って話す
練習をすることがお勧めの覚え方です。

 

以下で、効率よく英語を話せるようになる
脳の特性に沿った英文作成のコツについて
解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を