youth・puberty・adolescenceの違い!英語で思春期の使い方

youth・puberty・adolescenceの違い

英語で「思春期」を表す
pubertyとadolescenceには、
以下のような違いがあります。

  • puberty:体が変化していく「思春期」
  • adolescence:心理面が変化する「思春期」

 

また、youthは「青春時代」と
近い意味を持っています。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
youth・puberty・adolescence
の違いと使い方
について例文を
用いて解説します。

youthとadolescenceの違い

youthは「青年時代」や
「青春時代」という意味、

pubertyとadolescenceは
「思春期」という意味で、

若い頃を表します。

youthの例文と使い方

 

youthの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
まずはyouthの使い方について
みていきます。

 

youthの例文と使い方

以下はyouthを用いた例文ですが、

He lived in America during his youth.
「彼は、青年時代にアメリカに住んでいました。」

若い頃にアメリカに住んでいた
ということを表します。

 

duringは一定期間の「間に」
という意味の前置詞で、

during GW「ゴールデンウィーク中に」や
during summer vacation「夏休み中に」と
決められた期間の間にと言う時に用います。

 

単に「若い時」と言う場合は
以下のように言うこともできますが、

He lived in America when he was young.
「彼は若い時に、アメリカに住んでいました。」

youthを用いると青春時代をアメリカで
過ごしたというニュアンスになります。

 

pubertyとadolescenceの違い

pubertyとadolescenceは
「思春期」という意味ですが、

pubertyは体が変化していく
という意味での思春期を表し、

adolescenceは心理面が変化する
思春期の場合に用いられます。

 

ただ、「思春期」と言う時に、
一般的にadolescenceのほうが
よく用いられるようです。

pubertyとadolescenceの例文と使い方

 

pubertyとadolescenceの発音は、
それぞれ以下になります。

・puberty

・adolescence

 

それでは、以下に例文を用いて
pubertyとadolescenceの使い方
について解説していきます。

 

pubertyの例文と使い方

以下はpubertyを用いた例文ですが、

Many children reach puberty in junior high school.
「多くの子供は、中学生くらいで思春期に達する。」

pubertyを用いると生理的や身体的
に変化していく時期という意味での
思春期を表します。

 

pubertyには「思春期」
という意味がありますが、

一般的にはadolescenceが
よく用いられるようです。

 

adolescenceの例文と使い方

以下はadolescenceを用いた例文ですが、

The music reminds me of my adolescence.
「その音楽は、私に思春期を思い出させる。」

adolescenceは心理面が変化していく
という意味での思春期を表します。

 

Adolescence is the period of growth between childhood and adulthood.
「思春期は、子供から大人になる間の成長期(のこと)です。」

 

以下では、「若い」と似た意味を持つ
youth・puberty・adolescenceの違い
について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
youth・puberty・adolescenceの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート