likeとsuch asの違い!英語で~のようなの使い方・言い換え用法

likeとsuch asの違い

英語で「~のような」という
意味を持つlikeとsuch asには、
以下のような違いがあります。

  • like:似ていて「~のような」
  • such as:例えば「~のような」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは意味を持っている
likeとsuch asの違いと使い方について
例文を用いて詳しく解説します。

likeとsuch asの違い

likeとsuch asは「~のような」
という意味を持っていますが、
使い方が異なります。

 

likeの「~のような」は
~に似たようなという意味、

such asの「~のような」は
例えば~のようなという意味
を表します。

 

また、such asはカジュアル、
フォーマルな場面の両方で
用いることができますが、

likeはカジュアルな場面のみで
用いられます。

 

likeとsuch asの発音は、
それぞれ以下になります。

・like

・such as

 

それでは、以下に例文を用いて
likeとsuch asの違いと使い方について
さらに詳しくみていきます。

 

likeとsuch asの用法と使い方

以下はlikeを用いた例文ですが、

The mark of the brand like Nike.
「そのブランドのマークは、ナイキのようです。」

そのブランドのマークが
ナイキのマークに似ている
ことを表します。

likeとsuch asの用法と使い方

 

以下のようにsuch asを用いると、

He likes brands such as Nike, puma and Adidas.
「彼は、ナイキ、プーマ、アディダスのようなブランドが好きです。」

例えばナイキ、プーマ、アディダス
のようなブランドが好きということ
を表します。

 

この文のsuch asをlikeに言い換えると、

He likes brands like Nike, puma and Adidas.
「彼は、ナイキ、プーマ、アディダスのようなブランドが好きです。」

ナイキ、プーマ、アディダスに
似たようなブランドが好きという
ニュアンスになります。

 

このように、~似ているという意味で
「~のような」という場合はlikeを用い、

例えば「~のような」と例を挙げる場合は
such asを用いると覚えておきましょう。

 

そして、such asはカジュアル、フォーマル
な場面の両方で用いることができますが、
likeはカジュアルな場面のみで用いられます。

 

ただ、ネイティブがlikeとsuch asをこの用法
通りきっちり使い分けている訳ではないので、

likeとsuch asにだいたいこんな感じの違いが
あると覚えておけば大丈夫です。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、likeとsuch asの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を