expeditionとexplorationの違い!英語で探検の使い方と覚え方

expeditionとexplorationの違い

関連した英単語をセットで覚えるのが、
脳科学的に記憶しやすい覚え方
です。

そこで、「探検」と似た意味を持っている
expeditionとexplorationの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

expeditionとexplorationの違い

expeditionとexplorationには共に
「探検」という意味がありますが、

expeditionは探検・学術研究など
一定の目的をもつ「探検旅行」や
「探検隊」という意味もあります。

 

これに対し、explorationは
何かを発見するための「探検」、
未踏の地への「探査」「踏査」、
天然資源などの「探査」「調査」
という意味で用いられます。

 

expeditionとexplorationの発音は、
それぞれ以下になります。

・expedition

・exploration

 

それでは、以下に例文を用いて
expeditionとexplorationの違いと
使い方についてみていきます。

 

expeditionの例文と使い方

以下はexpeditionを用いた例文ですが、

They went on an expedition to Amazon.
「彼らは、アマゾン探検に行った。」

ある目的を持ってアマゾンに探検に
行ったということを表します。

 

そして、go on an expeditionという形で
「探検に行く」という意味になります。

expeditionの例文と使い方

 

また、以下の例文のように、

He is a member of expedition.
「彼は、その探検隊の一員です。」

expeditionは「探検隊」という
意味でも用いられます。

 

explorationの例文と使い方

以下はexplorationを用いた例文ですが、

I joined the cave exploration tour.
「私は、その洞窟探検ツアーに参加した。」

explorationを用いると何かを発見するために
洞窟探検に参加したことを表します。

explorationの例文と使い方

 

また、以下の例文のように、

New plants were discovered in the jungle exploration.
「そのジャングル探査で、新しい植物が発見された。」

explorationは未踏の地への「探査」や
「踏査」という意味でも用いられます。

 

in an explorationで、「探査で」や
「踏査で」という意味になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、expeditionとexplorationの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート