in・after・laterの違い!なぜ10分後は英語でin ten minutes

in・after・laterの違いと使い方

in・after・laterは「~後」と
似た意味を持っていますが、
使い方は異なります。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
in・after・laterの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

in・after・laterの違い

inは、今を基準に「~後」
という意味を表します。

afterとlaterは、今以外の
別の時を基準にして「~後」
という意味を表します。

 

afterとlaterの違いですが、
afterは前置詞または接続詞、
laterは副詞です。

 

また、afterは常に未来形と
用いることができますが、

laterは具体的な時間を表す時、
未来形と一緒に用いることは
できません。

in・after・laterの違い

 

in・after・laterの発音は、
それぞれ以下になります。

・in

・after

・later

 

それでは、以下に例文を用いて
in・after・laterの違いと使い方
についてみていきます。

 

in・after・laterの使い方

以下はinを用いた例文ですが、

He will come here in ten minutes.
「彼は、10分後にここに来るだろう。」

彼が“今から”10分後にここに
来ることを予測しています。

 

以下はafterを用いた例文ですが、

He will come here ten minutes after I leave here.
「私がここを去って10分後に、彼はここへ来るだろう。」

inのように“今”から10分後ではなく、
“私がここを去る”という未来の時点から
10分後に彼がここへ来ることを表します。

 

そして、afterを使う時には、

afterの後ろに“いつ”を基準にするのか
を表す単語や文章が必ず置かれるので、

ten minutes after ~ という形になり、
×ten minutes afterとはなりません。

 

そして、上のafterを用いた例文で、
afterは接続詞の役割をしています。

 

これに対し、以下の例文の
laterは副詞です。

She left here, and he came here ten minutes later .
「彼女はここを去り、10分後に彼がここへ来ました。」

 

この文のten minutes laterのように、
具体的な時間を表す場合にlaterは
未来形と用いることはできません。

 

具体的な時間を表さない場合は、
以下の例文のようにlaterを未来形
と一緒に用いることができます。

He will come here later.
「彼は、後でここへ来るだろう。」

 

なぜ10分後はin ten minutes

前置詞のinは空間を表すので、

in ten minutesは「10分後」より
「10分以内に」のほうがしっくり
くる方も多いかもしれません。

 

しかし、英語で「10分以内に」は、
inではなく前置詞within「~以内に」
を用いてwithin 10 minutesとなります。

 

このinは、“その時間の中を過ごして、
終わった時に”ということを表すので、

in ten minutesで「10分後」という
意味になります。

 

以下では、by・before・withinの違い
と使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、英語で「~語」似た
意味を持つin・after・laterの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。