small・little・tiny・compactの違い!英語で小さいの使い方

small・little・tiny・compactの違い

英語で「小さい」を表す
small・little・tiny・compactは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
small・little・tiny・compactの
違いと使い方
について例文を用いて
詳しく解説します。

smallとlittleの違い

smallは大きさ・形状・規模が
「小さい」ということを表し、

littleは形状・規模が「小さい」
に加えて小さくて可愛らしい
という意味で用いられます。

 

また、smallは客観的に小さい
littleは主観的・感情的に小さい
というニュアンスを含みます。

smallとlittleの違い

 

例えば、「彼は小さい犬を飼っている」
という意味の以下の2つの文を比べると、

He has a small dog.

He has a little dog.

 

smallを用いた上の例文は、
客観的に犬の大きさが小さい
というニュアンスになり、

littleを用いた下の例文は、
小さくて可愛い子犬と主観的・
感情的なニュアンスを含みます。

 

smallとlittleの発音は、
それぞれ以下になります。

・small

・little

 

それでは、以下に例文を用いて
smallとlittleの違いと使い方について
さらに詳しくみていきます。

 

smallの例文と使い方

以下はsmallを用いた例文ですが、

This coat is small for me.
「このコートは、私には小さい。」

私にとってコートのサイズが
物理的に小さいことを表します。

 

他にも、以下のようにsmallは、
客観的に大きさ・規模・形状が
小さい場合に用いられます。

I lived in a small town.
「私は、小さい町に住んでいた。」

There is a small house near the park.
「その公園の近くに、小さい家がある。」

Please put the cat into the small box.
「その猫を、小さな箱へ入れてください。」

smallとlittleの違い

 

また、以下のようにsmallは量や数を表す
amountやnumberを修飾します。

I gave her a small amount of money.
「私は、少額のお金を彼女にあげた。」

A  small number of students came here.
「少数の生徒が、ここへ来た。」

 

a small amount of ~ で「少量の~」、
a  small number of ~ で「少数の~」
という意味になります。

 

littleの例文と使い方

以下はlittleを用いた例文ですが、

There is a little bird on the tree.
「その木の上に、(可愛い)小鳥がいる。」

littleを用いると単に小さいだけでなく
小さくて可愛い鳥というように話し手の
主観や感情を含みます。

 

他には、例えば以下を言う場合、

「私は、駅で少女を見た。」

 

以下のようにsmallを用いると、
客観的に見て大きさが小さい
女の子というニュアンスになり、

I saw a small girl at the station.

 

以下のようにlittleを用いると、
可愛らしかったなど主観や感情を含む
小さい女の子という意味になります。

I saw a little girl at the station.

 

よって、会話で「少女」と言う時は、
small girlだと無機質な感じになるので
一般的にlittle girlが用いられます。

 

また、以下の例文のように、

I have a little money.
「私は、少しお金を持っています。」

There is a little water in the glass.
「そのグラスには、少し水が入っている。」

I have little money.
「私は、ほとんどお金を持っていません。」

There is little water in the glass.
「そのグラスには、ほとんど水が入っていない。」

a littleは「少しある」、
littleは「ほとんどない」という意味で
数えられない名詞を修飾します。

 

smallとtinyの違い

smallの「小さい」に対して、
tinyは「非常に小さい」という
意味になります。

そして、tinyもsmallと同様に、
客観的に小さいことを表します。

smallとtinyの違い

 

tinyの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
small・littleとの違いと合わせて
tinyの使い方をみていきます。

 

tinyの例文と使い方

以下はtinyを用いた例文ですが、

I saw a tiny bug in the forest.
「私は、その森で非常に小さい虫を見た。」

tinyはsmallよりもっと小さい
というニュアンスになります。

 

そして、tinyは“客観的に”非常に
小さい虫を見たことを表します。

 

tinyの代わりにvery smallを用いても、
同じような意味になります。

I saw a very small bug in the forest.

 

客観的にみて普通に小さい位の時は、
以下のようにsmallを用います。

I saw a small bug in the forest.
「私は、その森で小さい虫を見た。」

 

主観的にみて小さいという場合は、
以下のようにlittleを用います。

I saw a little bug in the forest.
「私は、その森で小さい虫を見た。」

littleを用いると「わあ!小さい」と、
話し手の主観が入った感じになります。

 

compactの意味と使い方

compactは、機能などが詰まっていて
「小さい」を表す時に用いられます。

compactの例文と使い方

 

compactの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
compactの使い方をみていきます。

 

compactを用いた例文

以下はcompactを用いた例文ですが、

She bought a compact car.
「彼女は、小型車を買った。」

小型車は機能が詰まっているので
「小さい」という時にcompactが
用いられることがあります。

 

以下のようにsmallも使えますが、

She bought a small car.
「彼女は、小さい車を買った。」

smallを用いると単にサイズが小さい
というニュアンスになります。

 

以下では、似た意味を持っている
smallとshortの違いと使い分けについて
例文を用いて解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
small・little・tiny・compactの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート