smallとshortの違い!英語で短い・小さい・背が低いの使い分け

smallとshortの違い

脳は複数の情報を関連付けて
覚えると記憶しやすい
ので、

ここでは「短い」「小さい」
「背が低い」と似た意味を持つ
smallとshortの違いと使い分け方
について例文を用いて解説します。

smallとshortの違い

smallは、サイズや面積、
活動の規模が「小さい」、

物の量が「少ない」という場合
などに用いられます。

 

そして、shortは長さや丈が
「短い」という意味です。

また、shortは身長や背丈が短い
という意味から「背が低い」という
意味でも用いられます。

smallとshortの違い

 

smallとshortの発音は、
それぞれ以下になります。

・small

・short

 

それでは、以下に例文を用いて
smallとshortの違いと使い分け、
使い方
についてみていきます。

 

smallとshortの使い方

以下はsmallを用いた例文ですが、

This T-shirt is small.
「このTシャツは、小さい。」

smallはサイズが小さいことを表します。

 

洋服などサイズでSサイズは、
smallの頭文字からきています。

 

以下の例文のように、

The land is small.
「その土地は、狭い(小さい)。」

smallは面積が狭い(小さい)
という場合にも用いられます。

 

また、以下の例文のように、

I have small amount of money.
「私は、お金を少額持っています。」

smallは量が少ないという意味でも
用いられます。

 

small amount of moneyの直訳は、
「少ない量のお金」となることから
「少額のお金」という意味になります。

 

以下では、「小さい」似た意味を持つ
small・little・tiny・compactの違いと
使い方について解説しています。

 

次に、以下はshortを用いた例文ですが、

The skirt is short.
「そのスカートは、短い。」

shortは丈が短いという意味になります。

 

また、以下の例文のように、

She is short.
「彼女は、背が低い。」

背丈が短いという意味からshortには
背が低いという意味もあります。

 

以下では、「短い」似た意味を持つ
briefとshortの違いと使い方について
例文を用いて解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つ
smallとshortの違いと使い方
について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート