changeとexchangeの違い!英語で変える・交換するの使い方

changeとexchangeの違いと使い方

英語で「交換する」を表す
changeとexchangeですが、
意味が異なります。

そして、changeには「変える」や
「変わる」という意味もあります。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っていて使い方が
異なるchangeとexchangeの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

changeとexchangeの違い

changeには、自分が「変わる」、
何かを「変える」、誰かと「交換する」
と幅広い意味があります。

そして、exchangeは誰かと「交換する」
という意味です。

 

changeとexchangeの違いですが、
changeは変化、exchangeは交換と
覚えると分かりやすいと思います。

ただ、changeにも「交換する」
という意味があります。

 

「交換する」という意味での
changeとexchageの違いですが、

changeのほうが幅広い意味を持ち、

exは「外に」という意味なので
exchangeは誰か他者と交換する
という場合に用いられます。

changeとexchangeの違いと使い方

 

changeとexchangeの発音は、
それぞれ以下になります。

・change

・exchange

 

それでは、以下に例文を用いて
changeとexchangeの違いと使い方を
みていきます。

 

changeの例文と使い方

以下はchangeを用いた例文ですが、

He changed after he had that experience.
「その経験をした後、彼は変わった。」

彼がその経験を通して自ら変わった
という変化を表しています。

 

以下のchangeを用いた例文も、

I’ll change my life style.
「私は、ライフスタイルを変えるつもりです。」

ライフスタイルを「変える」
という変化を表しています。

 

以下のようにchangeは「交換する」
という意味でも用いられますが、

She changed trains at the station.
「彼女は、その駅で電車を乗り換えた。」

誰か他者と何かを交換するという
場合は以下のexchangeを用います。

 

exchangeの例文と使い方

以下はexchangeを用いた例文ですが、

She exchanged clothes with her friend.
「彼女は、友達と服を交換した。」

誰か他者と何かを交換する場合には
exchangeを用います。

 

以下の例文のように、
お金を交換するという場合も

You can exchange money here.
「ここで、お金を交換することができます。」

銀行や両替所の人(他者)と
お金を交換するのでexchange
が用いられます。

 

そして、以下の例文のように、

We will exchange ideas with them.
「私達は、彼らと意見を交換するつもりです。」

exchangeは他者と意見を交換する
という場合にも用いられます。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
changeとexchangeの違いと使い方、
使い分け方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。