think ofとthink aboutの違いと使い方を例文を用いて解説

think ofとthink aboutの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
think ofとthink aboutの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

think ofとthink aboutの意味

think ofとthink aboutの意味

 

まず、think ofは「~のことを考える」、
think aboutは「~について考える」と
日本語に訳すと意味は似ています。

しかし、表すニュアンスは異なるので、
think ofとthink aboutの違いと使い方を
例文を見ながら以下で解説します。

 

think ofとthink aboutの違い

日本語の意味は似ていますが、
think ofはofの後ろに置かれる
人や出来事だけを考えている、

think aboutはaboutの後ろに
置かれる人や出来事の関連情報まで
考えているという感じになります。

 

think of youとthink about you

例えば以下の英文だと、

I think of you.
「私は、あなたのことを考えている。」

私はあなたのことだけ考えている
ということを表します。

 

of youとofを用いると、
私の頭の中はあなたのことだけ
というような感じになります。

この英文は恋人同士の話題など、
恋愛の場面で用いられたりします。

 

ただ、恋愛でもI think of you.と言うと
場合によっては相手に重く捉えられて
しまうこともあります。

think ofとthink aboutの違い

 

think ofをあまり親しくない人
に使うと変な感じになるようで、

家族や恋人、親しい友人のことを
考える時に用いるのが一般的です。

 

これに対し、think aboutと
aboutを用いた以下の英文は、

I think about you.
「私は、あなたについて考えている。」

あなたに関連した情報まで考えている
ということを表します。

 

私とあなたの共通の思い出や
あなたが所有している物など、
関連情報を全体的に考えている
という感じになります。

恋愛の場面でthink aboutを用いると、
気になってなんとなくあなたのことを
考えているという感じになり、
think ofより重くありません。

 

think of thingsとthink about things

ofとaboutの後ろに物がきても、
意味の違いは同じです。

 

以下のようにofを用いると、

I think of the things.
「私は、そのことを考えています。」

そのこと(the things)だけを
集中して考えているという感じ
になります。

 

以下のようにaboutを用いると、

I think about the things.
「私は、そのことについて考えています。」

そのこと(the things)に加えて
そのことに関係する周辺情報まで
考えているという感じになります。

think of thingsとthink about things

 

ここまで解説したように、
think ofとofを用いると直接的に思う、
think aboutとaboutを用いると周辺の
情報まで考えるという違いがあります。

 

また、think ofを用いると
短時間で対象のことを考える、
think aboutを用いる対象について
長時間考えるという違いもあります。

これは、think ofは対象のことだけを
考えるので必然的に短い時間になり、
think aboutは周辺情報まで考えるので
長い時間になるからだと思われます。

 

例えば以下の英文を用いると、

I think of the things.
「私は、そのことを考えています。」

そのことだけを集中して考えて
短時間で結論を出す感じになり、

 

以下の英文を用いると、

I think about the things.
「私は、そのことについて考えています。」

1日など長い時間そのことについて
考えている感じになります。

 

What Do you think ofとWhat do you think about

以下のthink ofを用いた疑問文は、
彼女のことをどう思っているかだけ
質問している感じになります。

What do you think of her?
「彼女のことをどう思っていますか」

 

これに対し、think aboutの疑問文は、
彼女の周辺情報も含めて彼女について
どう思っているかを質問しています。

What do you think about her?
「彼女についてどう思っていますか」

 

think overの意味と使い方

think overの意味と使い方

 

think overは「~のことを熟考する」と、
think ofやthink aboutより何かについて
よく考える時に用います。

 

以下はthink overを用いた例文ですが、

You should think over the problem.
「あなたは、その問題についてよく考えるべきです。」

 

以下のthink ofやthink aboutの文より
熟考べきだということを表します。

You should think of the problem.
「あなたは、その問題のことを考えるべきです。」

You should think over the problem.
「あなたは、その問題について考えるべきです。」

 

このthink ofとthink aboutの違いは、

上で解説したとおり、think ofだと
その問題のことだけを考える感じになり、

think aboutを用いるとその問題の
周辺情報まで考える感じになります。

 

また、think overは目的語が代名詞の場合、
以下のようにthinkとoverの間に置かれます。

You should think it over.
「あなたは、それについてよく考えるべきです。」

You should think them over.
「あなたは、それらについてよく考えるべきです。」

 

効率の良い英単語の覚え方

ここではthink ofとthink aboutの
意味の違いについて解説しましたが、

このように似た意味を持つ英単語や
熟語を関連付けてセットで覚えると
早く記憶することができます。

 

脳の特性に沿って英単語を覚えると、
効率よく記憶することができるので、
ぜひ日々の学習に役立てて下さい^^

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。