作るを英語で!make・create・produce・developの違い

make・create・produce・developの違い

英語で「作る」を表すmake・
create・produce・developは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
make・create・produce・developの違い
と使い方について例文を用いて解説します。

makeとcreateの違い

makeは材料や素材を使って
何かを「作る」という意味で、
広く一般的に用いられます。

 

createは、「創造する」
という意味があるように、

今までにない新しい物を
「作る(造る)」という
場合に用いられます。

makeとcreateの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
makeとcreateの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

makeの例文と使い方

以下はmakeを用いた例文ですが、

I’ll make a birthday cake for her.
「私は、彼女のために誕生日
ケーキを作るつもりです。」

ケーキの材料を用意して
彼女のために誕生日ケーキを作る
ということを表します。

 

以下のmakeを用いた例文は、

She wants to make a necklace.
「彼女は、ネックレスを作りたがっている。」

彼女が素材から自分でネックレスを
作りたがっていることを表します。

 

以下のように映画を作るという場合も、
makeが用いられます。

He made the film.
「彼は、その映画を作った。」

 

makeの過去形と過去分詞は共にmadeで、
それぞれ発音は以下になります。

 

createの例文と使い方

以下はcreateを用いた例文ですが、

We’ll create a new service.
「私達は、(今までにない)新しい
サービスを作るつもりです。」

今までにない斬新なサービスを作る
というニュアンスになります。

 

普通に、新しいサービスを作る
という場合は、以下のように
makeを用いることもあります。

We’ll make a new service.
「私達は、新しいサービスを作るつもりです。」

 

また、以下の例文のように、
今までにない独創的な芸術作品を作る
という場合もcreateが用いられます。

He created a work of art.
「彼は、(独創的な)芸塾作品を作った。」

 

createの過去形と
過去分詞は共にcreatedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

produceの意味と使い方

produceには、穀物を「生産する」、
商品を「製造する」、作品を「作る」
といった意味があります。

produceの例文と使い方

 

それでは、以下に例文を用いて
produceの使い方をみてみます。

 

以下はproduceを用いた例文ですが、

The company produces good products.
「その会社は、良い商品を製造している。」

produceには技術を使って素材から
商品を作るという意味があります。

 

また、以下の例文のように
produceはお米などの穀物を生産する
という意味でも用いられます。

They produce a lot of rice every year.
「その会社は、良い商品を製造している。」

 

そして、produceは作品を作る
という意味から、以下のように
歌手などを「プロデュースする」
という意味でも用いられます。

He produced the singer.
「彼が、その歌手をプロデュースした。」

 

produceの過去形と
過去分詞は共にproducedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

developの意味と使い方

「開発する」という意味から、
developは大規模な物を「作る」という
意味で用いられることがあります。

 

それでは、以下に例文を用いて
developの使い方をみてみます。

 

以下はdevelopを用いた例文ですが、

The country developed new natural resources.
「その国は、新しい天然資源を開発した。」

developは天然資源のような大規模な
物を作るという場合に用いられます。

 

developの過去形と
過去分詞は共にdevelopedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、make・create・
produce・developの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート