day off・holiday・vacationの違いと使い方を例文を用いて解説

day off・holiday・vacationの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
day off・holiday・vacationの違いと
使い方について例文を用いて解説します。

day offとholidayの違い

day offとholidayは共に「休日」
という意味を持っていますが、

day offは仕事が休みの日など
定期的に決められた休日を表し、

holidayは祝日などの学校や仕事
がない国が決めた休日を表します。

 

これより、day offは個人の休日
というニュアンスになります。

ただ、イギリス英語ではday offの
代わりに1日だけの仕事の休日に
holidayも用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
day offとholidayの使い方について
みていきます。

 

day offの例文と使い方

以下はday offを用いた例文ですが、

I have a day off every Sunday.
「私は、毎週日曜日がお休みです。」

毎週日曜日に仕事がない(休日)
であることを表しています。

day offの例文と使い方

 

以下のようにday offの複数形は、
days offという形になります。

I have days off every Saturday and Sunday.
「私は、毎週土曜日と日曜日が休みです。」

 

have a day offやhave days offで、
「休日を持つ」という直訳から
「休みです」という意味になります。

 

以下のように、half day offで
「半休」という意味になります。

I will take a half day off this afternoon.
「私は、今日の午後半休を取るつもりです。」

 

take a day offで、「休みを取る」
という意味になります。

 

また、以下のようにnext day offで
「次の休日」という意味になります。

I will enjoy surfing on the next day.
「私は、次の休日にサーフィンを楽しみます。」

 

「休日はいつ。」と聞く時は、
What is your day off?を用います。

 

この質問に対して答える時は、
以下のようになります。

My day off is Friday.
「私の休みは、金曜日です。」

My days off are Sunday and Monday.
「私の休みは、日曜日と月曜日です。」

 

holidayの例文と使い方

以下はholidayを用いた例文ですが、

He is going on a trip on holiday.
「彼は、休日に旅行へ行く予定です。」

祝日など、仕事や学校のない休日に
旅行へ行く予定であることを表します。

holidayの例文と使い方

 

上の例文はアメリカ英語の場合で、

イギリス英語では以下のように
day offの代わりにholidayを用いて
1日の休みを表すことがあります。

He took a holiday last Monday.
「彼は、先週の月曜日に休みを取った。」

 

ただ、holidayを用いると休日を
楽しむ感じになります。

風邪などで仕事を休む場合には、
最近はイギリス英語でもday off
が用いられるようです。

He took a day off last Monday.
「彼は、先週の月曜日に休みを取った。」

 

このように、イギリス英語では、
day offを用いると風邪などで休む、
holidayを用いると旅行などで休む
という感じになります。

 

国民の祝日という意味では、
public holidayやnational holiday
が用いられます。

Tomorrow is a national holiday.
「明日は、国民の祝日です。」

 

アメリカ英語ではFederal holiday、
イギリス英語ではBank holidayも
国民の祝日に用いられます。

 

holidayとvacationの違い

アメリカ英語でholidayは「休日」
や「祝日」という意味で用いられ、

vacationは「休暇」という意味で
GWや夏休みなどの長期間の休み
を表す時に用いられます。

 

イギリス英語でもholidayに
「祝日」という意味がありますが、

holidayでクリスマスから年末年始の
1週間くらいの短期休暇を表したり、

holidaysと複数形で夏休みなどの
「休暇」という意味になります。

the holidaysの意味と使い方

 

アメリカ英語でthe holidaysは、
年末から年始にかけての休暇を
表すこともあります。

また、イギリス英語でvacationは、
大学の長期休暇(夏休みなど)や
裁判所の閉廷期間に用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
holidayとvacationの使い方について
みていきます。

 

vacationの例文と使い方

以下はvacationを用いた例文ですが、

He took a vacation and went abroad.
「彼は休暇を取って、海外へ行った。」

彼が海外に旅行へ行けるくらいの
長い休みを取ったことを表します。

 

そして、「夏休み」と言う時は、
summer vacationとなります。

They enjoyed summer vacation.
「彼らは、夏休みを楽しんだ」

 

「冬休み」は、winter vacationです。

 

このようにアメリカ英語では
休暇にvacationを用いますが、

イギリス英語では以下のように
holidaysを用います。

 

He took holidays and went abroad.
「彼は休暇を取って、海外へ行った。」

They enjoyed summer holidays.
「彼らは、夏休みを楽しんだ」

 

この場合、休暇は何日間かあるので
holidaysと複数形になります。

 

以下のように、 be on vacationで
「休暇中」という意味になります。

She is on vacation.
「彼女は、休暇中です。」

vacationの例文と使い方

 

これはアメリカ英語の場合で、
イギリス英語では以下のように
be on holidayを用います。

She is on holiday.
「彼女は、休暇中です。」

 

また、以下のように~ week’s vacationで
「~週間の休暇」という意味になります。

We got three week’s vacation this year.
「私達は、今年3週間の休暇をもらいました。」

 

その休暇がどうだったか聞く場合は、
以下のようになります。

How was the vacation?
「その休暇は、どうでしたか。」

How was your vacation?
「あなたの休暇は、どうでしたか。」

 

これらはアメリカ英語の場合で、
イギリス英語ではholidayを用いて
それぞれ以下のようになります。

We got three week’s holiday this year.
We got a three-week holiday this year.
「私達は、今年3週間の休暇をもらった。」

 

この場合、3週間で1つの休暇と
考えるのでholidayは単数になります。

 

How was the holiday?
「その休暇は、どうでしたか。」

How was your holiday?
「あなたの休暇は、どうでしたか。」

 

また、go on holiday to ~ と
go on vacation to ~ は「~へ
旅行に行く」という意味になります。

以下は例文で、イギリス英語ではholiday、
アメリカ英語ではvacationが用いられます。

I will go on holiday to Italy next month.
I will go on vacation to Italy next month.
「私は、来月イタリアに旅行へ行くつもりです。」

 

効率の良い英単語の覚え方

day off・holiday・vacationの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。