by・before・withinの違いと使い方!前置詞の覚え方を解説

by・before・withinの違い

イメージと合わせて覚えると、
英語の前置詞は意味と使い方を
早く覚えることができます。

 

そこで、ここでは図と例文を用いて
by・before・withinの違いや使い方
について詳しく解説します。

by・before・withinの違い

まずは、by・before・withinの
意味の違いから解説します。

 

byは「~までに」、
beforeは「~より前に」と
意味は似ています。

 

しかし、beforeが何かの動作や
出来事が単に~より前に終える
ということを表すのに対して、

byは~までに終わる、終える
というように期限を表します。

 

withinは「~以内に」という意味で、
~以内に動作や作業が終わるという
ケースで用いられます。

 

by・before・withinの発音は、
それぞれ以下になります。

・by

・before

・within

 

それでは、以下に例文を用いて
by・before・withinの使い方の違い
について解説します。

 

by・before・withinの使い方

ここでは、by・before・withinの使い方
について例文を用いて解説しますが、

イメージと合わせると記憶しやすいので、
以下の図を頭に入れてから解説を読むと
より早く使い方を覚えることができます。

by・before・withinの使い方

byの例文と使い方

以下はbyを用いた例文ですが、

Come back home by 1 p.m.
「午後1時までに家に戻りなさい。」

byは「~までに」と期限を表すので、
午後1時までに家に戻らないとまずい
というニュアンスになります。

 

これに対して、以下の例文
のようにbeforeを用いると、

Please come back home before 1 p.m.
「午後1時までに家に戻ってきて下さい。」

期限のようなものではなく午後1時
より前に戻って来てくれればいいと、
byよりも軽いニュアンスになります。

 

beforeの例文と使い方

以下はbeforeを用いた例文ですが、

you should finish your homework before 1 p.m.
「あなたは、午後1時より前に宿題を終えたほうがいい。」

beforeを用いると絶対ではないけど
午後1時より前に終えたほうがいい
というニュアンスになります。

 

これに対し、以下の例文
のようにbyを用いると、

You have to finish your homework by 1 p.m.
「あなたは、午後1時までに宿題を終えなければならない。」

byは期限を表すので午後1時
までに終えなければならない
というニュアンスになります。

 

byとbeforeは置き換え可能ですが、

byのほうがbeforeより期限という
感じが強くなることを知った上で
使うようにしましょう。

 

withinの例文と使い方

以下はwithinを用いた例文ですが、

I have to finish this homework within one hour.
「私は、この宿題を1時間以内に終えなければならない。」

「~以内に」動作や作業を終える
というようにwithinはタイムリミット
のようなものを表します。

 

以下では、前置詞by・till・untilの違い
について例文を用いて解説しています。

 

以下では、前置詞for・until・beforeの違い
について例文を用いて解説しています。

 

効果的な前置詞の覚え方

記憶には、学習して覚える知識記憶と
経験して覚える経験記憶がありますが、

知識記憶と比べて経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

 

そこで、学んだ知識は実際に使って
経験すると早く使えるようになるので、

by・before・withinを使い英文を作って話す
練習をすることがお勧めの覚え方です。

 

以下で、効率よく英語を話せるようになる
脳の特性に沿った英文作成のコツについて
解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート