前置詞byとwithの違い!受動態の例文を用いて解説

前置詞byとwithの違い

受動態で動作主を表す時に、
以下の例文のように前置詞
byを用います。

The box was broken by Ken.
「その箱は、ケンによって壊された。」

 

しかし、受動態の後ろで必ず
byが用いられるのではなく、

以下のようにwithが用いられる
場合もあります。

The box was broken with a hammer.
「その箱は、トンカチで壊された。」

 

このように、byとwithの使い分け
が必要になります。

そこで、ここではbyとwithの違い
について例文を用いて解説します。

byとwithの違い

前置詞のbyには、
「~によって」「~のそばに」
という意味があります。

受動態でbyが用いられる時は、
byの後ろに動作主が置かれます。

 

そして、withは「~と一緒に」
という意味で用いられますが、

withの後ろに道具を置いて「~で」
という意味もあります。

 

それでは、以下に受動態の例文を用いて
byとwithの使い分けについて解説します。

 

byとwithの使い分け

まず、以下の受動態の例文では、

The box was broken by Ken.
「その箱は、ケンによって壊された。」

byの後ろに箱を壊した動作主の
Kenが置かれています。

 

次に、以下の受動態の例文では、

The box was broken with a hammer.
「その箱は、トンカチで壊された。」

hanmmerは動作主ではなく、
箱を壊した道具なので前置詞は
byではなくwithを用います。

byとwithの違い

 

このように、受動態の後ろでは
必ずbyが用いられるのではなく、

“道具で”という場合はwithを用いる
こともあるので注意しましょう。

 

以下のように、動作主と道具を
両方付けることもできます。

The box was broken by Ken with a hammer.
「その箱は、ケンによってトンカチで壊された。」

 

道具以外の受動態+with

ここまでに、「道具で」という場合に
前置詞withを用いると解説しましたが、

道具以外でも受動態の後ろでbyではなく
withが用いられるケースがあります。

 

以下の表現は、熟語のように覚えて
使えるようにしましょう。

 

・be filled with ~
「~で満たされている」
「~でいっぱいです」

 

以下は、例文です。

His bag is filled with books.
「彼の鞄は、本でいっぱいです。」

 

・be covered with ~
「~で覆われている」

 

以下は、例文です。

The garden is covered with trash.
「その庭は、ゴミで覆われていた。」

 

・be pleased with ~
「~に喜んでいる」

 

以下は、例文です。

He was pleased with your present.
「彼は、あなたのプレゼントに喜でいました。」

 

pleaseは「喜ばせる」という意味で、

She was pleasedで「彼は喜ばされた」
という直訳から「彼は喜んだ」という
意味になります。

受動態+with

 

・be satisfied with ~
「~に満足している」

 

以下は、例文です。

Our boss were satisfied with our efforts.
「上司は、私達の努力に満足しました。」

 

satisfyは「満足させる」という意味で、

Our boss were satisfiedで
「上司は満足させられた」という直訳から
「上司は満足した」という意味になります。

 

byとwithの違いのまとめ

前置詞は意味で覚えるより、
イメージで捉えるようにすると
早く使えるようになります。

 

byが持つイメージは「そばに」です。

 

そこから、動作主は動作を受ける人や
物のそばにいるので「~によって」と、

以下の例文のように受動態で動作主を
表す時に用いられます。

The letter was written by her.
「その手紙は、彼女によって書かれた。」

 

withのイメージは「一緒に」です。

 

道具は使う人と一緒にいることから、
withは以下のように「~で」と道具を
使って何かをする場合に用いられます。

She is writing something with her pencil.
「彼女は、鉛筆で何かを書いています。」

byとwithの違い

 

効果的な前置詞の覚え方

記憶には、学習して覚える知識記憶と
経験して覚える経験記憶がありますが、

知識記憶と比べて経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

 

そこで、学んだ知識は実際に使って
経験すると早く使えるようになるので、

byとwithを使い英文を作って話す練習
をすることがお勧めの覚え方です。

 

そして、効率よく英語を話せるようになる
脳の特性に沿った英文作成のコツについて
以下で詳しく解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた