楽しいを英語で!fun・joyful・pleasant・enjoyableの違い

fun・joyful・pleasant・enjoyableの違い

英語で「楽しい」という意味を持つ
fun・joyful・pleasant・enjoyableは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
fun・joyful・pleasant・enjoyableの違いと
使い方について例文を用いて解説します。

funとjoyfulの違い

funとjoyfulは共に「楽しい」
という意味を持っていますが、

funは、楽しさや面白さから
楽しいことを表します。

 

そして、joyfulはjoy「喜び」
という意味から喜ばしいや
嬉しいという気持ちからくる
楽しさを表します。

funとjoyfulの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
funとjoyfulの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

funの例文と使い方

以下はfunを用いた例文ですが、

It was fun.「それは、楽しかった。」

それが面白かった、
純粋に楽しい気持ちになった
ということを表します。

 

上の例文のfunは形容詞ですが、
形容詞のfunは第2文型SVCの
補語Cによく用いられます。

 

そして、funは以下の例文のように、

I had fun.「楽しかった。」

「楽しさ」という意味の名詞として
用いられることもあります。

 

この文の直訳すると、
「私は楽しさを持った」
という意味になりますが、

日本語として不自然なので
「楽しかった」と訳します。

 

funの発音は、以下になります。

 

発音記号で表すとfunの発音はfʌn、
「ファン」という意味のfanの発音は
fænと異なるので注意しましょう。

 

fanの発音は、以下になります。

 

joyfulの例文と使い方

以下はjoyfulを用いた例文ですが、

That’s joyful news.
「それは、うれしい知らせです。」

joyfulには楽しいという意味がありますが、
一般的に「嬉しい」や「喜ばしい」という
意味で用いられます。

 

しかし、joyfulは形式ばった表現で、
日常会話ではあまり用いられません。

 

joyfulの発音は、以下になります。

 

pleasantの意味と使い方

pleasantは、人に喜びを与えて
物事が「楽しい」という意味です。

pleasantの例文と使い方

 

pleasantの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
pleasantの使い方をみてみます。

 

以下はpleasantを用いた例文ですが、

This is pleasant music.
「これは、楽しい音楽だ。」

聴いた人を喜ばせるような楽しい
音楽であることを表します。

 

このように、pleasantには、
人を喜ばせて楽しいという
ニュアンスがあります。

 

enjoyableの意味と使い方

enjoyという動詞が持つ
「~を楽しむ」という意味から、

enjoyableは出来事や経験などが
「楽しい」という意味になります。

 

enjoyableの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
enjoyableの使い方をみてみます。

 

以下はenjoyableを用いた例文ですが、

We had an enjoyable time.
「私達は、楽しい時間を過ごした。」

過ごした時間の中で、
楽しい出来事があったり
楽しい経験ををしたことを表します。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、fun・joyful・
pleasant・enjoyableの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート