get・become・go・comeの違いを例文を用いて解説

get・become・go・comeの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

「~になる」と似た意味を持つ
get・become・go・comeの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

getとbecomeの違い

getとbecomeは両方とも
「~になる」という意味がありますが、
使い方は異なります。

 

getの使い方と例文

「~になる」というgetの後ろには、
以下のように形容詞が置かれます。

He got angry.「彼は、怒った。」

 

そして、getの後ろにくる形容詞の
状態は一時的なものになります。

怒っている状態はずっと続かないので、
この場合はgetを用います。

 

よって、以下のように言うと、
病気は一時的なものになります。

He got sick.「彼は、病気になった。」

 

becomeの使い方と例文

getの後ろは形容詞が置かれますが、
becomeの後ろは名詞と形容詞が
置かれます。

 

そして、getが”なった”後、
その状態は長く続かないのに対し、

becomeを用いると”なった”後、
その状態が長く続くことになります。

 

以下はbecomeを用いた例文ですが、

He became a doctor.
「彼は、医者になった。」

通常、医者になった後は
しばらくの間医者を続けるので、

「(ある職業)になった」と言う時は
becomeを用います。

 

上の例文ではbecomeの後ろに
doctorという名詞が置かれています。

 

また、becomeの後ろには
以下のように形容詞も置かれますが、

He became sick.
「彼は、病気になった。」

この場合は、病気のになった後、
病気が長い間続くことを意味します。

 

短期間の病気になったと言う場合は、
以下のようにgetを用います。

He got sick.「彼は、病気になった。」

 

goとcomeの違いと使い方

goとcomeにも「~になる」
という意味があります。

 

まず、goは悪い状態に「なる」と
言う時に用います。

 

以下はgoを用いた例文ですが、

The food went bad.
「その食べ物は、腐った。」

 

以下のような直訳から

「その食べ物は、悪い状態になった。」

went badで「腐った」という
意味になります。

 

また、goの後ろに
bankrupt「破産した」という
意味の形容詞を置くと、

go bankruptで「破産する」
という意味になります。

The company will go bankrupt.
「その会社は、破産するだろう。」

 

goに対してcomeは、
良い状態に「なる」という
場合に用いられます。

 

そして、以下のように

He came to get up early.
「彼は、早く起きるようになった。」

comeの後ろには形容詞の他に、
不定詞(to+動詞の原形)が置かれ、
「~するようになる」という意味で
用いられます。

 

まとめ

get・become・go・comeの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。