なるを英語で!get・become・turn・go・comeの違いと使い方

get・become・turn・go・comeの違い

英語で「~になる」という意味の
get・become・turn・go・comeは、
それぞれ使い方が異なります。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持つget・become・
turn・go・comeの違いと使い方について
例文を用いて詳しく解説します。

getとbecomeの違い

getとbecomeは両方とも
「~になる」という意味ですが、
使い方は異なります。

 

getは比較的に短い期間の変化、
becomeは長い期間の変化を表す
時に用いられます。

よって、getが”なった”後、
その状態は長く続かないのに対し、
becomeを用いると”なった”後、
その状態が長く続くことになります。

 

この違いからgetの後ろには
形容詞や過去分詞が置かれ、
becomeの後ろには名詞が置かれる
ことが多くなります。

 

それでは、以下に例文を用いて、
getとbecomeの使い方について
詳しく解説します。

 

getの例文と使い方

以下はgetを用いた例文ですが、

She will get angry.
「彼女は、怒るだろう。」

怒るのは一時的なことなので、
getを用います。

getの例文と使い方

 

また、以下の例文では、

She got sick.
「彼女は、病気になった。」

風邪などの病気は一時的な
ものなのでgetを用います。

 

そして、「~になる」
という意味のgetの後ろには、
angryやsickのように形容詞が
置かれることが多いです。

 

過去分詞も形容詞の働きをするので、
過去分詞の状態に「なる」という時も
以下のようにgetを用います。

He got injured.
「彼は、怪我をした。」

 

治る怪我は一時的なもので、
このようにgetを用います。

 

getの発音は、以下になります。

 

becomeの例文と使い方

getは短い期間の変化を表し
後ろに形容詞が置かれますが、

becomeは長い期間の変化を表し、
後ろに名詞が置かれることが多いです。

 

以下はbecomeを用いた例文ですが、

I became a doctor.
「私は、医者になった。」

通常、医者になった後は
しばらくの間医者を続けるので
becomeを用います。

 

上の例文ではbecomeの後ろに
doctorという名詞が置かれていますが、

「(ある職業)になった」と言う場合
ある程度の期間その職業を続けるので
長い期間の変化を表すbecomeを用います。

becomeの例文と使い方

 

また、長い期間の変化であれば、
becomeの後ろに形容詞が置かれる
こともあります。

 

以下の例文ではbecomeの後ろに
形容詞のrichが置かれていますが、

He will become rich.
「彼は、お金持ちになるだろう。」

お金持ちになった後その状態が
ある程度の間続くような場合は
becomeを用います。

 

一度お金持ちになっても、
すぐお金持ちでなくなる場合には、
以下のようにgetを用います。

He got rich, but lost money soon.
「彼はお金持ちになったが、
すぐにお金を失った。」

 

becomeの発音は、以下になります。

 

getとturnの違い

getの「~になる」は一時的に
状態が変わることを表しますが、

turnは一時的に全く別のものに
変わるという意味で「~になる」
ことを表します。

 

それでは、以下に例文を用い、
getとの違いもみながらturnの
使い方について解説します。

 

turnの例文と使い方

一時的に寒くなったという場合は、
以下のようにgetを用います。

It got cold.「寒くなった。」

 

これに対し、天候が全く変わって
しまうという場合は以下のように
turnを用います。

Suddenly, it turned very cold.
「急に、すごく寒くなった。」

 

これは少し前までは暖かかったのに、
急に天候が全く異なるものになった
ということを表します。

turnの例文と使い方

 

他には、turnは以下の例文のように
色が変わるという時に用いられます。

Her face turned red.
「彼女の顔は、真っ赤になった。」

The leaves will turn yellow next month.
「その葉っぱは、来月には黄色になるだろう。」

 

これらは、恥ずかしかったりして
彼女の顔が一時的に真っ赤になった、
夏から秋に変わり葉っぱが一時的に
黄色になることを表します。

全く違う色に変わる時には、
このようにturnを用います。

 

turnの発音は、以下になります。

 

goとcomeの違い

goとcomeにも「~になる」
という意味がありますが、

goは悪い状態に「なる」、
comeは良い状態に「なる」
と言う場合に用います。

 

それでは、以下に例文を用い、
goとcomeの使い方について
詳しくみていきます。

 

goの例文と使い方

以下はgoを用いた例文ですが、

The food went bad.
「その食べ物は、腐った。」

食べ物が腐るという悪い状態
になることを表します。

 

直訳は以下のようになりますが、

「その食べ物は、悪い状態になった。」

より自然な和訳として「腐った」
という意味になります。

 

go badで「腐る」と覚えておくと、
使う時に便利です。

goとcomeの違いと使い方

 

また、goの後ろに
bankrupt「破産した」という
意味の形容詞を置くと、

go bankruptで「破産する」
という意味になります。

The company will go bankrupt.
「その会社は、破産するだろう。」

 

goの発音は、以下になります。

 

comeの例文と使い方

goに対してcomeは、
良い状態に「なる」という
場合に用いられます。

 

以下はcomeを用いた例文ですが、

He came to get up early.
「彼は、早く起きるようになった。」

早起きをするという良い状態に
なることを表しています。

 

come to+動詞の原形(不定詞)で、
「~するようになる」という意味で
よく用いられます。

 

comeの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

get・become・turn・go・comeの
意味の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート