run・jog・dash・sprint・scurryの違い!走るを英語で

run・jog・dash・sprint・scurryの違い

英語で「走る」という意味を表す
run・jog・dash・sprint・scurryは、
以下のような違いがあります。

run

一般的に広い意味で「走る」

jog

ゆっくり「走る」

dash

急いで速く「走る」

sprint

短い距離を全力で「走る」

scurry

小走りに急いで「走る」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
run・jog・dash・sprint・scurry
の違いと使い方について例文を
用いて解説します。

runとjogの違い

runは「走る」という意味で、
一般的に広く用いられます。

 

jogは「ジョギングする」
という意味もあるように、

健康のためや趣味として
「ゆっくり走る」という意味で
用いられます。

runとjogの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
runとjogの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

runの例文と使い方

以下はrunを用いた例文ですが、

He can run fast.
「彼は、早く走ることができる。」

このようにrunは一般的に走る
という意味で用いられます。

 

そして、以下のように後ろに
走る距離を表す副詞を付けて
用いることもあります。

I ran 1 km.「私は、1キロ走った。」

 

runの過去形と過去完了形はran・runで、
発音はそれぞれ以下になります。

 

また、「~まで走る」という時は
以下のようにrun toを用います。

I will run to the beach.
「私は、ビーチまで走るつもりです。」

 

前置詞のtoは到達を表し、
このrun toは以下のgo toと
同じような使い方になります。

I will go to the beach.
「私は、ビーチまで行くつもりです。」

 

そして、runは他の語とくっついて、
以下のような熟語を作ります。

 

・run away「逃げる」

She ran away from her boyfriend.
「彼女は、彼氏から逃げた。」

 

・run over「ひく」

The bus ran over a dog.
「そのバスは、犬をひいた。」

 

・run into[across]「偶然会う」

I ran into[across] my uncle at the station.
「私は、駅で偶然おじに会った。」

 

・run around「浮気する」

She ran around with her boss.
「彼女は、上司と浮気をした。」

 

jogの例文と使い方

以下はjogを用いた例文ですが、

I jog almost everyday.
「私は、ほぼ毎日ジョギングをします。」

健康のために毎日ゆっくり走っている
ということを表します。

 

以下のように、runと同じく、
jogの後ろに距離を表す副詞を
付けることもあります。

I jog 5 km a day.
「私は1日に5キロ、ジョギングをします。」

 

以下のように、jogの過去形は
joggedになります。

He jogged 10 km yesterday.
「彼は昨日10キロ、ジョギングをた。」

 

jogの過去完了形もjoggedで、
jogとjoggedの発音は以下になります。

 

学校の校庭や運動場のトラックなどを
「~周ゆっくり走る」という場合は、
以下のようにjog ~ lapsを用います。

Let’s jog a couple of laps .
「2~3周ゆっくり走りましょう。」

 

また、「~のペースでジョギングする」
という場合は、jog at ~ paceを用います。

I will jog at high pace.
「私は、速いペースでジョギングします。」

 

dashとsprintの違い

dashは、「突進する」という意味から
急いでいて速く走ることを表します。

 

sprintは、「全力疾走する」
という意味から、短い距離を
全力で走ることを表します。

スプリンターという言葉がありますが、
短距離走者を表します。

dashとsprintの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
dashとsprintの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

dashの例文と使い方

以下はdashを用いた例文ですが、

I dashed to take the bus.
「私は、そのバスに乗るために
急いで走った。」

突進するかのようにバスののるために
急いで走ったということを表します。

 

dashの過去形と過去完了形はdashedで、
dashとdashedの発音は以下になります。

 

dashは距離に関わらず、
急いで、猛スピードで走った
ということを表しますが、

短い距離を全力で走る場合は
以下のsprintを用います。

 

sprintの例文と使い方

以下はsprintを用いた例文ですが、

He sprinted 100 m.
「彼は、100メートルを全力疾走した。」

100メートルという短い距離を
全力で走ったことを表します。

 

sprintの過去形と過去完了形はsprintedで、
sprintとsprintedの発音は以下になります。

 

scurryの意味と使い方

scurryは、「小走りに急ぐ」
という意味から、人や動物が
慌てて「ちょこちょこ走る」
という場合に用いられます。

 

以下はscurryを用いた例文ですが、

Everyone scurried for a bargain counter.
「みんなが、特価品売り場に向かって
小走りに急いだ。」

全員が特価品を買うために
売り場のほうへ慌てて小走りに
走って行った感じを表します。

 

scurryの過去形と過去完了形はscurriedで、
scurryとscurriedの発音は以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、run・jog・dash・sprint・
scurryの違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート